トピックス

キャバリアーズがシーズン再開に含まれず、コリン・セクストンは「病んでいた」

オーランドでのシーズン再開に含まれなかった8チームの中には、動揺を隠しきれない選手もいます。

クリーブランド・キャバリアーズでキャリア2年目を送るコリン・セクストンはそのうちの一人で、『Sports Illustrated』のサム・アミコ記者によれば、セクストンは来シーズンまでコートに立てないことについて「病んでいた」とコメントしました。

今シーズンのキャバリアーズは19勝46敗を記録し、リーグで2番目に低い成績を残していましたが、セクストンやダリウス・ガーランド、ケビン・ポーターJr.といった多くの若手選手がロスターに居ることを考えると、勝敗に関わらず試合で経験を積むことは重要でした。

セクストンは、シーズン再開に自分たちが含まれていれば何を目指していたかということについて、次のように語っています。

「相手チームのプレイオフの希望を打ち砕き、いくらか勝利を挙げることを目指していた。プレイオフには出場できなくとも、試合に出場できることは大きな収穫だと感じていた。

僕たちは非常に長い間離れているから、トレーニングキャンプが始まる11月まで待つのは酷なことだ」

セクストンに限らず、最近ではアトランタ・ホークスの若きスターであるトレイ・ヤングも、シーズン再開にチームが含まれなかったことについて「フラストレーションが溜まっている」と語りました。

関連記事
ホークスがシーズン再開に含まれなかったことに、トレイ・ヤングは「フラストレーションが溜まっている」

続きを見る

キャバリアーズのJB・ビッカースタッフ・ヘッドコーチも、シーズン再開に含まれなかった多くのチームの首脳陣やコーチがオフシーズン中に何らかの試合を求めていることを認め、リーグが対応を検討してくれることを期待しているとコメントしています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS