トピックス

2021年のオールスターが中止になる可能性はあるのか

2020-21シーズンが今年の12月以降に開幕することで、全体的な日程は未定の状態となっています。

そのためNBAの広報担当者は『Fieldhouse Files』に対し、インディアナで開催される予定の2021年のオールスターが、従来通りの2月に開催されない可能性が高いと語りました。

「2020-21シーズンの日程が不確実であることを考慮し、我々とインディアナ・ペイサーズはインディアナのホテルパートナーに対して、2021年のオールスターがプレジデンツ・デイ(2月の第3月曜日)に開催されることはないだろうと伝えた。オールスターを含めた日程の詳細は後日発表される」

また、ペイサーズのリック・ファソン球団社長は、オールスター開催に向けた取り組みについて次のように語っています。

「最後に(インディアナで)開催された1985年の時と同じように、我々は2017年からNBAと協力して、世界レベルのイベントをファンに届けられるよう取り組んでいる。2021年のオールスターがプレジデンツ・デイに開催される可能性は低いと思うが、我々は将来を見据えてNBAと協力し続けることにワクワクしている」



今のところは、2021年のオールスターが2月に開催される可能性が低いだけですが、場合によっては2021年にオールスターが開催されない可能性もあるでしょう。

オールスターは全てのファンが待ち望む最高のイベントですが、新型コロナウイルスの懸念がいつまで続くかは分かりません。

ファンが会場に居ない中で、オールスターは開催すべきなのでしょうか?

また、リーグが2021-22シーズンを従来の日程に戻したいと考えている場合、2020-21シーズンにオールスターのようなイベントを開催する余裕は無くなります。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS