トピックス

2020年のドラフト抽選で知っておきたいこと

NBAドラフトにおいて、一つのドラマを生み出すイベント――ドラフト抽選が間もなくやってきます。

2020年のドラフト抽選は8月20日(日本時間21日)に行われ、そこで確定した指名順から、各チームは10月16日(同17日)に行われるドラフトに臨むことになります。



まずは、ドラフト抽選がどのようなルールか知っておきましょう。

  • ドラフト抽選に参加できるのは、今シーズンのプレイオフ進出を逃した両カンファレンスの計14チーム
  • 14チーム全てが、全体4位以内の指名権を獲得するチャンスがある
  • 成績が低いチームほど、全体4位以内の指名権を獲得するチャンスは大きい

これらのルールを踏まえて、ドラフト抽選は次のように行われます。

  • 抽選が行われるのは、全体4位指名権まで
  • 全体5~14位の指名権は、残ったチームの成績が低い順から決定していく

ドラフト抽選の結果は全体14位指名のチームから順に発表されていきますが、実際の結果は上位から順に決定されていることに注意しましょう。

例えば、ウォリアーズは全体5位以内の指名権が確定していると言われていますが、これは全体4位までの指名権が別のチームに渡ったとしても、リーグで最も低い成績を残したウォリアーズは必ず全体5位指名権を獲得できるためです。

そして、各チームの指名権の当選率は以下のようになります(スクロール可)。

チーム 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位
ウォリアーズ 14.0 13.4 12.7 12.0 47.9
キャバリアーズ 14.0 13.4 12.7 12.0 27.8 20.0
ティンバーウルブズ 14.0 13.4 12.7 12.0 14.8 26.0 7.0
ホークス 12.5 12.2 11.9 11.5 7.2 25.7 16.7 2.2
ピストンズ 10.5 10.5 10.6 10.5 2.2 19.6 26.7 8.7 0.6
ニックス 9.0 9.2 9.4 9.6 8.6 29.8 20.6 3.7 0.1
ブルズ 7.5 7.8 8.1 8.5 19.7 34.1 12.9 1.3 0.0
ホーネッツ 6.0 6.3 6.7 7.2 34.5 32.1 6.8 0.4 0.0
ウィザーズ 4.5 4.8 5.2 5.7 50.7 25.9 3.0 0.1 0.0
サンズ 3.0 3.3 3.6 4.0 65.9 19.0 1.2 0.0 0.0
スパーズ 2.0 2.2 2.4 2.8 77.6 12.6 0.4 0.0
ペリカンズ 1.3 1.4 1.6 1.8 86.1 7.6 0.1
キングス 1.2 1.3 1.5 1.7 92.0 2.3
グリズリーズ 0.5 0.6 0.6 0.7 97.6

どのチームも、空欄の場所の指名権を獲得することはありません。

また、シーズン再開に含まれなかったウォリアーズ、キャバリアーズ、ウルブズ、ホークス、ピストンズ、ニックス、ブルズ、ホーネッツは、強制的に最も低い成績の8チームに分類されたため、結果としてウィザーズはホーネッツの勝率を下回ったものの、ホーネッツの方が抽選では優位であることに注意しましょう。



理論上は、成績が最も低いチームから順に上位の指名権を獲得していくものですが、そうでないチームが全体4位以内の指名権を獲得する”サプライズ”も、ドラフト抽選の見どころの一つです。

例えば、ウィザーズは今年の抽選で1~4位、9~13位のいずれかの指名権を獲得する可能性があります。

指名権は下位から順に発表されていくため、9位までの時点でウィザーズの名前が呼ばれなければ、彼らは全体4位以内の指名権が確定することになり、イベントはさらに盛り上がるでしょう。

昨年では、7番目に成績が低かったペリカンズが全体1位指名権(1位当選率は7.5%)、8番目に成績が低かったグリズリーズが全体2位指名権を獲得しているため(2位当選率は6.3%)、今年のドラフト抽選でも”サプライズ”が起きる可能性は十分に考えられます。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS