トピックス

ホークスが2020年のオフシーズンに大規模な補強を行った理由

アトランタ・ホークスは2020年のオフシーズンに最も大規模な補強を行ったチームの一つです。彼らはフリーエージェントのボグダン・ボグダノビッチと4年7,200万ドル(約75億円)、ダニーロ・ガリナリと3年6,100万ドル(約63億円)、ラジョン・ロンドと2年1,500万ドル(約16億円)、クリス・ダンと2年1,000万ドル(約10億円)で契約を結びました。

The Athletic』のクリス・キルシュナー記者によれば、これらのオフシーズンの支出は、チームの過半数オーナーであるトニー・レスラーの希望によって行われたようです。レスラーはフリーエージェント前のミーティングの中でトラビス・シュレンクGM(ゼネラルマネージャー)に対し、チームのキャップスペースを全て使って質の高いベテラン選手で若いロスターを強化するよう指示しました。このミーティングにはロイド・ピアースHC(ヘッドコーチ)やランドリー・フィールズ・アシスタントGM、そして昨季にインディアナ・ペイサーズの指揮官を務めていたネイト・マクミランAC(アシスタントコーチ)も参加していました。

レスラーは大規模な補強を行うよう指示を出した理由について次のように語っています。

「使わないキャップスペースを持っている意味は何だろうか?それは手の届かないおもちゃをただ眺めているようなもの。彼は自分の仕事を正確にこなしてくれたし、私も自信を持っているよ」

レスラーはシュレンクGMを含む運営部門の功績に満足しており、彼らを称賛するコメントを付け加えました。

「トラビスはNBAで最もキャップスペースを持つチームであることを周囲に知らしめたかったと思うし、彼はそれを使うことを待ち望んでいた。彼がキャップスペースを使うことができるか分からなかったが、彼と運営部門の功績によってキャップスペースを使い切って見せた」

昨季、ホークスは20勝47敗でイースタン・カンファレンス14位という成績を残しましたが、レスラーはこのオフシーズンの補強が大幅な改善に繋がることを期待しています。

「プレイオフの第8シードになって、胸を叩いて”任務完了”と言うことが目標ではない。短縮されたシーズンの20勝からかなり良くなることは計画であり、オフシーズンの補強は計画の中の一つのステップなんだ」

合わせて読みたい
クリント・カペラの活躍に期待するホークスのコーチや選手たち

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS