アイザイア・トーマスの獲得に一部のチームが関心か

31歳のガード、アイザイア・トーマスとの契約に一部のチームが関心を持っていることを、『Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ記者が報じています。ヘインズ記者によると、トーマスは最近新たに代理人を雇用したようです。

トーマスがNBAで最もエキサイティングな選手の一人になったのは、それほど昔のことではありません。トーマスはNBA史上初めてドラフト最下位指名(2巡目全体60位)からオールスター出場を果たした選手であり、ボストン・セルティックスに所属していた2016-17シーズンには平均28.9得点を記録しました。

しかし、2017年のプレイオフのカンファレンス決勝でクリーブランド・キャバリアーズに1勝4敗で敗れ、トーマスはオフシーズンにカイリー・アービングとのトレードでキャバリアーズに移籍することになりました。その後、彼は何年にも渡って慢性的な股関節の怪我に苦しみ続けています。

それでも昨年5月には股関節の手術を受けたことによって、10月のインタビューでは「リーグで戦うために必要なレベルまでフィジカルを取り戻すことができた」と語りました。11月のインタビューでは、オフシーズン中のピックアップゲームを通じて数人のスーパースターに感銘を与えたことも明かしています。31歳の彼が自信を持っているほどのコンディションで試合に臨むことができる場合、アイザイア・トーマスはチームにとって興味深い戦力の一部になることが期待できるでしょう。

関連記事
股関節の手術を受けたアイザイア・トーマス、来季の復活に自信「もう痛みはない」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-
-

© 2021 NBA TOPICS