トピックス

ラジョン・ロンドの移籍を寂しく思うレイカーズのフランク・ボーゲルHC「彼は昨季に成し遂げたことの大部分」

前年王者のロサンゼルス・レイカーズはオフシーズン、ガードのデニス・シュルーダーやウェスリー・マシューズ、センターのモントレズ・ハレルやマルク・ガソルを獲得するにあたって、優勝に貢献したベテランガードのラジョン・ロンドとの再契約を見送りました。その後、ロンドはアトランタ・ホークスに2年1,500万ドルで移籍しました。

『Heavy』によれば、2月1日(日本時間2日)のホークス戦に先立って、レイカーズのフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)は主要な貢献者の移籍を寂しく思っていることを認めました。

「彼は我々が昨季に成し遂げたことの大部分であり、我々の文化の大部分だ。間違いなく彼を恋しく思うよ」

今月で35歳を迎えるロンドは今季、スターのトレイ・ヤングのバックアップとしてチームに貢献しており、ここまで10試合の出場で平均4.0得点、2.3リバウンド、2.9アシスト、フィールドゴール成功率 41.0%、3ポイントシュート成功率 36.8%を記録しています。

ロンドを失ったことによってレイカーズが影響を受けたことの一つは、トランジションです。彼の正確なアウトレットパスは、しばしばレブロン・ジェームズやアンソニー・デイビスに恩恵をもたらしました。昨季、レイカーズは速攻からの得点でリーグ6位の平均22.5得点を記録していましたが、今季はリーグ18位の平均19.1得点に下がっています。

ボーゲルHCは、昨季のロンドがどのような形で貢献していたか語りました。

「彼は攻守で試合をコントロールし、ディフェンスでもマンツーマンとゾーンを切り替える能力を持っていて、昨年の優勝に欠かせない存在だった。相手は我々が何をしているのか誰も理解していなくて、それが我々にとって上手くいったんだ」

試合はレイカーズが107-99で勝利しました。ロンドはベンチから15分間の出場でフィールドゴール2本中2本成功の5得点、2リバウンド、2アシスト、3スティールと、相変わらず攻守で堅実な貢献をしました。

こちらもオススメ
アンソニー・デイビスが語る、レイカーズがラジョン・ロンドを起用する理由

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS