リポート

レブロン・ジェームズの年間推定収益は約100億円、7年連続NBAトップ

『Forbes』が毎年発表するNBA選手の年間推定収益ランキングで、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが7年連続トップを飾っています。

新型コロナウイルスの影響で選手の給与が20%削減となったにもかかわらず、ジェームズはチームとの約3,140万ドル(約33億円)の契約に加え、シューズなどのエンドースメント契約で約6,400万ドル(約67億円)を稼いでおり、その総額は約9,540万ドル(約100億円)となりました。

『Forbes』によれば、今年7月に公開予定であるジェームズ主演の映画『スペースジャム2:ア・ニュー・レガシー』によって、さらに1,000万ドル以上の収益が予想されています。また今回の発表により、ジェームズの生涯所得は10億ドルの大台に到達することになります。

2021年のNBA選手の年間推定収益ランキングのトップ10は以下の通りです。

順位選手総額給与エンドースメント
1レブロン・ジェームズ9,540万ドル3,140万ドル6,400万ドル
2ステフィン・カリー7,440万ドル3,440万ドル4,000万ドル
3ケビン・デュラント6,520万ドル3,120万ドル3,400万ドル
4ラッセル・ウェストブルック5,810万ドル3,300万ドル2,500万ドル
5ジェームス・ハーデン5,000万ドル3,300万ドル1,700万ドル
6ヤニス・アデトクンボ4,900万ドル2,200万ドル2,700万ドル
7クレイ・トンプソン4,330万ドル2,830万ドル1,500万ドル
8カイリー・アービング4,300万ドル2,600万ドル1,700万ドル
9クリス・ポール4,010万ドル3,310万ドル700万ドル
10デイミアン・リラード3,900万ドル2,500万ドル1,400万ドル
こちらもオススメ
レブロン・ジェームズがコービー・ブライアントとの初対戦を思い返す「ただただ畏敬の念を抱いていた」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート

© 2021 NBA TOPICS