トピックス

ホーネッツの新人、ラメロ・ボールのキャリア初となるターンオーバー0本に、指揮官も絶賛の声「彼の闘志が大好き」

2020年のドラフトでシャーロット・ホーネッツに全体3位で指名されたポイントガード、ラメロ・ボールは1年目の早い段階から多くのハイライトを生み出しています。しかし一方で、彼のターンオーバーの多さは課題の一つでもあります。今季のボールのターンオーバー数は36分換算で平均3.7本、20試合以上に出場している選手の中では12番目に多い数字となっています。

ボールのターンオーバーに、ホーネッツのジェームズ・ボレゴHC(ヘッドコーチ)が頭を抱えることもありました。1月22日(日本時間23日)のシカゴ・ブルズ戦では、わずか16分34秒の出場時間で5本のターンオーバーを記録したため、試合後にボレゴHCは19歳の若者に厳しい言葉を残しました。

「16分間で5本もターンオーバーを記録するなら起用するつもりはない。オフェンスでそのようなプレイをしているなら、ディフェンスに何かを持ってきたほうがいい」

しかし最近になって、ボールのプレイの正確さは改善の兆しを見せています。2月5日(同6日)のユタ・ジャズ戦ではキャリア最多の34得点に加え、8アシスト、キャリア初の0ターンオーバーを記録しました。最近の7日(同8日)のワシントン・ウィザーズ戦でも、5本のアシストに対してターンオーバーはわずか1本でした。

それは明らかにボレゴHCがボールに求めていた姿です。ジャズ戦の後、ボレゴHCはボールのパフォーマンスを絶賛しました。

「8アシスト、0ターンオーバーというスタッツを気に入っているよ。それは我々にとって大きなことであり、必要なことでもある。この比率ならショットが入っても、入らなくても、大抵は良いことが起こる。彼は正しいプレイを続け、我々に反撃のチャンスを与え、特に後半は非常に自信を持って落ち着いてプレイしていた。今夜の彼の闘志が大好きだったよ」

ホーネッツはジャズに138-121で敗れたものの、ウェスタン・カンファレンス首位のチームを相手に効率的なプレイを披露できたことは、間違いなくボールにとって自信に繋がるはずです。ただ相手が悪かっただけであり、効率的なプレイはボレゴHCが言ったように基本的に良い影響を与えます。実際、ホーネッツはその後、ウィザーズに119-97で快勝しました。

ホーネッツにとっても予想外だったゴードン・ヘイワードとの大型契約

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS