トピックス

トレイ・ヤングがチームの課題について言及「ただハードにプレイしているだけ」

アトランタ・ホークスは2月13日(日本時間14日)のインディアナ・ペイサーズ戦に125-113で敗れたことで3連敗となりました。今季、ホークスが3連敗以上を喫するのは3度目となっています。

『The Athletic』のフレッド・カッツ記者によれば、ホークスの若きスターであるトレイ・ヤングは、今のチームの課題について言及しました。

「僕らはただハードにプレイしているだけ。どのようにより良い関係を築き、その場で学ぶことができるのか理解しなければならない。多くのチームが、今の僕らに対処できない課題を投げかけていると思う」

これはヤングの不満ではありません。ホークスの中核の多くは、ヤングを含めた若い選手によって構築されています。そのため、彼は流れが悪い現状もチームにとって貴重な学習体験だと考えています。

ハードにプレイすることは最も重要なことの一つですが、同時に、変化に対応する適応力も必要です。特に今回のペイサーズ戦は、ホークスにとって学ぶことの多い試合でした。

ホークスは第4クォーター序盤の時点で最大9点のリードを奪っていました。しかし流れが変わった途端、ホークスはペイサーズのオフェンスに対処することができず、結果的に第4クォーターに41-26と差をつけられて逆転されました。

3連敗こそ喫しているものの、ホークスは11勝15敗でイースタン・カンファレンス10位につけています。シーズンを通して適応力を身につけることができれば、終盤で優位性を維持し、確実に勝利のチャンスを掴むことができるようになるため、プレイオフ進出も狙えるようになってくるでしょう。

こちらもオススメ
トレイ・ヤング「オールスターゲームが行われるなら出場したい」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS