ステフィン・カリーはまだ”過小評価”された史上2番目のポイントガード

(引用元:gigantes.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリーは、2度のシーズンMVPと3度のNBAチャンピオンに輝いた実績を持つスーパースターの一人です。

 

しかしチームメイトのアンドレ・イグダーラは、カリーがまだ”過小評価”されていると考えています。

 

3月2日(日本時間3日)のフィラデルフィア・76ers戦に120-117で勝利した後、この試合で28得点を記録したカリーについて、イグダーラは次のように語りました。

 

「彼はまだ、本当に値するだけの敬意を得ていないように思う。みんなは彼がスクリーンを多用し、ミスマッチを生み出していると思っているけど、彼は本当に厄介な選手なんだ。僕は(ケビン・デュラントには)言ったと思うけど、”君たち2人はマイケル・ジョーダンのようなもので、悪いショットが無い。”って伝えたよ。人々は彼らがコートにもたらすものを理解していないんだ。特にオフェンス面でね。」


<スポンサードリンク>

イグダーラはロサンゼルス・レイカーズのレジェンドであるマジック・ジョンソンが史上最高のポイントガードだと言い、その後にこう語りました。

 

「時々あるんだけど、(カリーと)落ち着いて話をする時、彼は史上2番目に優れたポイントガードなんだ。それを主張してくるんだ。」

 

カリーイグダーラのコメントについて、次のよう語っています。

 

「僕が午前中に目を覚ますと、彼は毎日テキストで同じコメントを伝えてくるんだ。どうやらナンバーワンになるために、やるべきことがいくつかあるみたいだね。」

 

カリーは現時点で自身のレガシーについては考えていないと明かしましたが、チームメイトはカリーが既に世界に及ぼした影響を理解しています。

 

チームメイトのドレイモンド・グリーンは、こう語りました。

 

「最も重要なのは、バスケットボールの試合で与える(彼の)影響だよ。マーク・ジャクソン(ウォリアーズ元HC)は数年前に”ステフはバスケットボールの試合を台無しにしている”と言った。僕たち全員は”彼は何を言っているんだ?”という感じで怒ったよ。」


<スポンサードリンク>

グリーンは”過小評価”のコメントについて聞かれると、イグダーラに賛同しました。

 

「そう思うよ。マジックはもちろん素晴らしかったけど、2つの全く異なるタイプのポイントガードだ。僕はステフがマジックのようなタイプのポイントガードであるとは考えていない。だけど特に今日の試合を見る限りだと、彼自身(カリー)が史上最高だ。彼は登り続けている。凄いよね。アンドレが言ったように、彼は(史上最高に)値する理由を見つけていないけど、それならそれで良いと思う。」

 

(参考記事:Iguodala: Curry still ‘underrated,’ No. 2 PG ever

ウォリアーズを止めるための”運”は尽きた?

2019-02-19

【NBAヒストリー Vol.5】”歴代最高のPG” マジック・ジョンソン

2018-04-02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください