トピックス

干上がっているスプラッシュブラザーズは危惧すべき?

ゴールデンステイト・ウォリアーズがカンファレンス準決勝に進んで以降、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズは、完全に干上がっている――つまりスリーポイントシュートがほとんど入らない状況に陥っています。

彼らはカンファレンス準決勝で、チームが放ったスリーポイントシュートの57.1%を占めていますが、成功率はどちらもチーム平均を下回っているのです。

スタッツ ステフィン・カリー クレイ・トンプソン チーム全体
3PM 8 7 32
3PA 32 20 91
3P% 25.0% 35.0% 35.2%

正直なところ、アンドレ・イグダーラ(54.5%)と、ケビン・デュラント(52.6%)が、彼らの不調を補っていると言えるでしょう。

特に、第3戦のスプラッシュブラザーズは致命的でした。

▼第3戦のカリーとトンプソンのシュートチャート

彼らはスリーポイントシュートに限らず、全てのフィールドゴールで計39本中26本のショットを落としています。

『ESPN Stats & Information』によれば、カリーとトンプソンのスリーポイントシュートの成功率(合算)は、4試合連続で33.3%以下を記録しており、第3戦では15本中わずか4本しか決めていません。

第3戦でカリーは、ペイント内で9本中2本しかショットを決めておらず、7本のミスショットは彼のキャリアで最も多い数字となったほか、第4クォーターとオーバータイムは無得点に終わり、オーバータイム終盤には致命的なダンクの失敗もありました。

トンプソンは第4クォーターに10得点を記録しましたが、同様にオーバータイムは無得点となっています。

ダンクの失敗を認めたカリーは、次のように語りました。

「ほとんどの場面で、僕たちは全てのショットを決めることができた。誰がプレイしたとしても、プレイオフの試合における勝利と敗北の違いは紙一重だよ。」

「僕の夜ではなかった。僕は今夜(のミス)について考え、それから眠ってページをめくるつもりだよ。」

試合が終わった後、カリーはトヨタ・センターのロッカールームでエアロバイクを20分近く漕ぎ、自身の携帯電話に目を通していました。

チームメイトはシャワーを浴びて、服を着ると、仕出し料理を持ってバスに向かったため、カリーは黙って漕ぎ続けるだけでした。

この状況を、ウォリアーズは危惧すべきでしょうか?

答えは「ノー」であり、過去の実績から見ても、スプラッシュブラザーズの不調が長く続くことはありません。

この惨めな瞬間は、おそらく第4戦以降の原動力となりますし、何より彼らが機能していないにも関わらず、最後まで接戦を繰り広げるウォリアーズは脅威的でしかないでしょう。

トンプソンはこう語りました。

「僕たちが負けたのは最悪だけど、月曜日(第4戦)には率先してリードするチャンスがある。しなければならないことなら、僕たちはそうするよ。」

本当に気を引き締めるべきは、ヒューストン・ロケッツの方なのかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS