トピックス

カイリー・アービングとセルティックスの今後はどうなる?

カンファレンス準決勝第5戦、ボストン・セルティックスがミルウォーキー・バックスに91-116で敗れたことによって、カイリー・アービングとセルティックスの今季は幕を下ろすこととなりました。

さて、問題です。:アービングとセルティックスは、2019-20シーズンも一緒に歩みますか?

アービングは第5戦に敗れた後、今夏に訪れる自身のフリーエージェントについて聞かれると、言及を避けました。

「僕はあなたに正直になるだろうね。無事にボストンに戻り、友人や家族と時間を過ごし、くつろぎ、人がすることをやろうとしているだけだよ。」



今、アービングの将来は、セルティックスにとって最大の問題だと言えるでしょう。

その理由は、チームから去るのがアービングだけとは限らないからです。

テリー・ロジアーはフリーエージェントとなり、アル・ホーフォードはプレイヤーオプションを保持しているため、もしもアービングがチームを去った時、ドミノのように次いで倒れていくかもしれません。

それを防ぐための解決法として、アンソニー・デイビスをトレードで獲得するという考えがあります。

しかし、セルティックスのゼネラルマネージャーであるダニー・エインジ氏は、このトレードに消極的でした。

そして仮にジェイソン・テイタムや、ジェイレン・ブラウンを放出して、デイビスがセルティックスのユニフォームを着るとしたら、アービングは残留したいと思うでしょうか?

それが分からないからこそ、セルティックスのフロントにとって、極めて難しい問題でもあるのです。

ではアービングが移籍するとしたら――やはり最初に話題に上がるのはケビン・デュラントの噂でしょう。

『The Ringer』のダン・デビン氏は、次のように指摘しました。

「デュラントとアービングが、全てのストレスとドラマを終えて、本当にニューヨーク(または別の場所)でチームを組むとしたら、恐ろしいことだろう。しかしそれは、リーグが使用できる一種のリセットボタンかもしれない。」

ニックスに限らず、このデュオはブルックリン・ネッツや、ロサンゼルス・クリッパーズでも実現できるシナリオです。

場所に関係なく、アービングとデュラントのデュオならば、即座に素晴らしい戦力を持ったチームに変貌させることも可能でしょう。

結局のところ、おそらくアービングは、セルティックスに残留しようと、ニックスやネッツ、クリッパーズに移籍しようと、大成功を収められるチャンスを持っています。

それから、再びアービングが、レブロン・ジェームズと組むためにロサンゼルス・レイカーズへ加入する可能性も無いとは言い切れません。

今年の1月には、チームメイトの頃の自身の未熟さを謝罪するために、レブロンと電話をしたことを明かしました。

ただ一つ…いずれにせよ、セルティックスの今後がアービングの決断によって左右されるというのは、紛れもない事実だと言えるでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS