トピックス

レブロン・ジェームズのトレードが懇願されている?

ロサンゼルス・レイカーズがタロン・ルー氏をヘッドコーチとして迎え入れなかったことで、レイカーズとレブロン・ジェームズの間に、再び興味深い噂が広まっているようです。

NBAアナリストのスティーブン・A・スミス氏は、『SportsCenter』に対し、次のように伝えました。

「ロサンゼルスで何が起きているか分からない。(レイカーズのオーナーである)ジーニー・バス氏の近くで、彼女にレブロン・ジェームズをトレードするように懇願している人々がいる。彼はノートレード条項が無く、そして彼が望んだコーチを迎え入れなかった。」

「レブロン・ジェームズは、カワイ・レナードがロサンゼルス・クリッパーズの代わりにロサンゼルス・レイカーズへやって来ることを、ひそかに試みていた。そのため、彼が(成功のために)望むコーチを連れてこないことによって、(トレードへの)ドミノがいつ倒れるかは分からない。」



スミス氏は、バス氏にトレードを懇願しているのが”ハリウッドの人々”だと指摘します。

「より重要なのは、優勝争いが出来なかった時に、誰がレブロン・ジェームズを移籍させるのが最善ではないと言うのだろうか?特に私は、バスケットボールに関わる人々ではなく、ハリウッドの人々が指示しているというのを聞いている。レイカーズが彼を守ると、誰が言えるのだろうか?誰が組織を運営しているか分からないため、(レブロンがトレードされるかも)分からない。」

もちろん、レブロンをトレードするというのは馬鹿げた話です。

ですがもし、レブロンがトレードされるというのであれば、おそらく移籍先はレブロン自身が決め、レイカーズはそれに見合った対価を受け取ろうと考えるでしょう。

非現実的な話ではありますが、これはレイカーズのフロントの頼りなさを示しているとも言えるかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS