トピックス

第6戦の最大の懸念点はステフィン・カリーの指

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントは、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝第5戦での右ふくらはぎの負傷により、第6戦を欠場することとなりました。

しかしウォリアーズが第6戦で最も懸念すべきは、デュラントのふくらはぎよりも、ステフィン・カリーの指かもしれません。

『The Athletic』のサム・アミック氏は、次のように伝えています。

「カリーに近い情報筋によれば、彼が第2戦で脱臼した指は、彼が話す以上に重大な問題であり続けている。」



ロケッツとの第2戦以降、カリーのスリーポイントシュートの成功率は25.5%を記録しています。

第5戦もまた、デュラントが離脱する前、カリーのスリーポイントシュートは8本中1本の成功でした。

一方でデュラントが離脱した後、カリーが最初の6本中5本のショットを決めて計14得点を記録したのは注目に値することであり、ウォリアーズのファンにとっては、これが復活の兆候であることを祈るばかりでしょう。

デュラントの不在がカリーのスタッツを伸ばしたのは、決しておかしなことではありません。

『The Ringer』のケビン・オコナー氏は、ツイッター上で次のように伝えています。

ケビン・デュラントが負傷した後、ステフィン・カリーは9本のショット(フィールドゴール5本、フリースロー4本)を決めて16得点を記録した。KD(ケビン・デュラント)が下がっている限り、昔のステフ(ステフィン・カリー)を見ることができる。

デュラント出場時のカリー:75ポゼッションあたり、17.5本のショット成功で平均25.0得点

デュラント不出場時のカリー:75ポゼッションあたり、24本のショット成功で平均30.7得点

これらは2016-17シーズン以降の、プレイオフにおける数字だ。

第6戦でデュラントが出場できないのは、ウォリアーズにとって非常に残念なことではあるでしょう。

しかし勝敗を分ける最大の着目点は、デュラントの有無よりも、カリーのパフォーマンス次第と言えそうです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS