第6戦の最大の懸念点はステフィン・カリーの指

(引用元:thebiglead.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズのケビン・デュラントは、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝第5戦での右ふくらはぎの負傷により、第6戦を欠場することとなりました。

 

しかしウォリアーズが第6戦で最も懸念すべきは、デュラントのふくらはぎよりも、ステフィン・カリーの指かもしれません。

 

『The Athletic』のサム・アミック氏は、次のように伝えています。

 

「カリーに近い情報筋によれば、彼が第2戦で脱臼した指は、彼が話す以上に重大な問題であり続けている。」



ロケッツとの第2戦以降、カリーのスリーポイントシュートの成功率は25.5%を記録しています。

 

第5戦もまた、デュラントが離脱する前、カリーのスリーポイントシュートは8本中1本の成功でした。

 

一方でデュラントが離脱した後、カリーが最初の6本中5本のショットを決めて計14得点を記録したのは注目に値することであり、ウォリアーズのファンにとっては、これが復活の兆候であることを祈るばかりでしょう。

 

デュラントの不在がカリーのスタッツを伸ばしたのは、決しておかしなことではありません。

 

『The Ringer』のケビン・オコナー氏は、ツイッター上で次のように伝えています。

 

ケビン・デュラントが負傷した後、ステフィン・カリーは9本のショット(フィールドゴール5本、フリースロー4本)を決めて16得点を記録した。KD(ケビン・デュラント)が下がっている限り、昔のステフ(ステフィン・カリー)を見ることができる。

デュラント出場時のカリー:75ポゼッションあたり、17.5本のショット成功で平均25.0得点

デュラント不出場時のカリー:75ポゼッションあたり、24本のショット成功で平均30.7得点

これらは2016-17シーズン以降の、プレイオフにおける数字だ。



第6戦でデュラントが出場できないのは、ウォリアーズにとって非常に残念なことではあるでしょう。

 

しかし勝敗を分ける最大の着目点は、デュラントの有無よりも、カリーのパフォーマンス次第と言えそうです。

 

(参考記事:Steph Curry’s Dislocated Finger is Reportedly a ‘More Significant Problem’ Ahead of Game 6

ケビン・デュラントの負傷離脱でも見せたウォリアーズの地力

2019-05-09

干上がっているスプラッシュブラザーズは危惧すべき?

2019-05-06

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください