レイカーズの4位指名権の最適な使い道は、ブラッドリー・ビールとのトレード?

(引用元:flipboard.com)

ロサンゼルス・レイカーズは先日のドラフトロッタリーで、2019年のNBAドラフトの全体4位指名権を獲得しました。

 

しかし、その指名権の使い道は、何も指名だけに限ったことではありません。

 

4位という高順位の指名権は、大型トレードを実現するための材料ともなり得るでしょう。

 

そしてそれが実現するとなれば、ワシントン・ウィザーズのガードであるブラッドリー・ビールは、その対象の一つとなります。



『NBC Sports Washington』のクリス・ミラー氏は、ドラフトロッタリーが行われた日の夜、「Wizards Talk」のポッドキャストで次のように指摘しました。

 

「(レイカーズが)全て(のトップレベルのフリーエージェント)を獲得できず、オールスター選手や、ツーガードの選手を必要としていた場合、ブラッドリー・ビールはジャレット・カルバーよりもずっと優れている。

 

ジャレット・カルバーとは、テキサス工科大を今年のNCAAトーナメントの決勝まで導き、今年のドラフトでレイカーズに4位指名される可能性が高いと見られている選手です。

 

そしてビールとウィザーズにとっても、これは極めて重要な夏となるでしょう。

 

もしビールが2018-19シーズンのオールNBAチームに選出した場合、ビールはスーパーマックス契約を結べる対象となり、それはウィザーズ全体のサラリーの35%を占めることを意味します。(ビールの契約は2020-21シーズンまで)

 

そしてジョン・ウォールと合わせると、2人だけでチーム全体のサラリーの70%を占めることになるのです。



『NBC Sports Washington』のベン・スタンディグ氏は、ポッドキャストの中でこう指摘しました。

 

「彼(ビール)が契約延長をすると決めるまで、彼の長期的なプランが何なのか分からないし、ウィザーズが2年以内に彼を(トレード以外で)手放せないため、彼をトレードすることを考慮する必要がある。」

「とは言っても、ザイオン(ウィリアムソン)やジャ(モラント)、RJ・バレットのような選手でない限り、私はトレードできないね。」

 

レイカーズが夏にどんな策を試みるかは興味深いですし、ウィザーズもそれに備えておく必要があるでしょう。

 

(参考記事:If the Lakers strike out elsewhere, don’t be surprised if LeBron & Co. target Bradley Beal

2位指名権のグリズリーズ、ジャ・モラントの指名は確実?

2019-05-16

レブロン・ジェームズとベン・シモンズの飛躍したトレードの話題も、一考の余地あり?

2019-05-14

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください