第2戦における真のMVPはドレイモンド・グリーン

(Photo by Noah Graham/NBAE via Getty Images)

5月16日(日本時間17日)に行われた、ポートランド・トレイルブレイザーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズのウェスタン・カンファレンス決勝第2戦は、ウォリアーズが114-111で接戦を制し、シリーズ2連勝を飾りました。

 

この試合のMVPは誰でしょうか?

 

37得点を記録したステフィン・カリー?最後にデイミアン・リラードからボールを奪ったアンドレ・イグダーラ

 

いいえ、彼らの勝利に欠かせなかった真のMVPは、ドレイモンド・グリーンです。



最大17点のビハインドを追っていたウォリアーズは、第3クォーターの猛攻によって試合を振り出しにしましたが、彼らは再びピンチを迎えることになります。

 

それが第4クォーター残り4分28秒、トレイルブレイザーズのマイヤーズ・レナードが放ったスリーポイントシュートは、リードを8点に広げる貴重なショットとなりました。

 

 

それでも、グリーンは誰よりも勝利に貪欲でした。

 

グリーンはここから試合終了までの間に、4得点、2リバウンド、3アシスト、1ブロックという、素晴らしいクラッチパフォーマンスを見せたのです。

 

この間にウォリアーズは14得点を記録しましたが、4本のフリースローを除く全ての得点にグリーンは絡みました。

 

特に、残り1分を切ってからの逆転のアリウープパス、リードを広げるレイアップは、まさに勝利を手繰り寄せるプレイだったと言えるでしょう。

 

 



ディフェンスは、もっと評価すべき点があります。

 

なぜなら、グリーン第4クォーター残り7分42秒の時点で5つ目のファウルをコールされていたからです。

 

にも関わらず、グリーンは勇猛果敢なクラッチディフェンスを見せ続けました。

 

 

 

レギュラーシーズンならまだしも、プレイオフという舞台で、それも接戦で、ファウルアウトという危険を恐れずに、ここまでのハードなディフェンスができる選手が、このリーグにはどれだけ居るでしょうか?

 

この博打はもちろん全てがうまくいくとは限りませんが、こうしたプレイを試みることができるのがグリーンの強みであり、ウォリアーズの強みなのです。



ケビン・デュラントの復帰が近づかない中でも、ウォリアーズは勝利しなければなりません。

 

試合後、グリーンはこう語りました。

 

「数試合に勝利できるかどうかは、みんな次第だ。」

 

もちろん、ウォリアーズの才能の多さが勝利に影響した部分もありますが、少なくとも第2戦の最大の功労者はグリーンだったと言えるでしょう。

ステフィン・カリーの父、デル・カリー氏が明かした衝撃のドラフト小話

2019-05-17

第1戦を22点差で快勝したウォリアーズ――勝敗を分けた”3つの注目ポイント”

2019-05-15

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください