カワイ・レナードが移籍先で求めるものとは?

(引用元:foxsportsasia.com)

トロント・ラプターズのカワイ・レナードは、依然として今夏の移籍先の情報が欠けたままです。

 

ラプターズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・クリッパーズのいずれかに移籍するというのは確実性の高い情報ですが、どこに向かうのか正確なことは分かりません。

 

では、レナードがこれら3チームに移籍するメリットとは何でしょうか?

 

レナードが移籍先で求めるものを、それぞれ見ていくことにしましょう。



トロント・ラプターズ

もう一度チャンピオンに輝きたいという野心があれば、ラプターズに戻るのは最も確実な選択肢です。

 

2018-19シーズンで優勝できたという事実もそうですが、今夏はライバルチームの衰退がありました。

 

ミルウォーキー・バックスはマルコム・ブログドンが去り、フィラデルフィア・76ersはジミー・バトラーが去り、ボストン・セルティックスはカイリー・アービングが去り、ブルックリン・ネッツはケビン・デュラントが出場できません。

 

一方でラプターズはレナードが戻れば失うものはほぼ無い(ダニー・グリーンのみ)ため、2連覇を狙う絶好の機会となります。

 

ただし、5年間のマックス契約を結ぶことに、期待はしない方がいいでしょう。

 

理由は2つあります。

 

一つは、10年間NBAでプレイすれば、より大金が得られるということです。

 

現在8年目を終えたレナードは、今マックス契約を結ぶとサラリーキャップの30%しか得られませんが、2年後の10年目を終えた際にマックス契約を結べば、サラリーキャップの35%で契約できるようになります。

 

もう一つは、ラプターズが長期的に繁栄する保証が無いということです。

 

カイル・ラウリーマーク・ガソルフレッド・ヴァンブリートサージ・イバカらは来夏にフリーエージェントとなり、ラプターズは優勝のために必要なピースを失うかもしれません。

 

それでも、短期的な成功をレナードが望むのであれば、彼はラプターズに戻ってくるでしょう。



ロサンゼルス・レイカーズ

レブロン・ジェームズアンソニー・デイビスの輪に加わり、スーパーチームの一員としてプレイしたいという欲望があるなら、レナードはレイカーズに移籍します。

 

もう少しポジティブに言い換えれば、レナードの負担はかなり減ることでしょう。

 

加えて、レナードがロサンゼルス近郊のカリフォルニア州リバーサイドの出身であること、ロサンゼルスという都市、レイカーズというブランドという点でも、魅力的な部分は多く存在します。

 

その代わり、成功を収められるかどうかは分かりません。

 

レブロンデイビスが居るとはいえ、チーム全体の選手層は非常に薄く、フランク・ボーゲル新HCの手腕も不確実性の高い要素です。

 

レナードはチームの選手層の重要性を、優勝を通じて感じました。

 

それでも確実性より好奇心が上回るのであれば、レナードにレイカーズはうってつけです。



ロサンゼルス・クリッパーズ

レナードがクリッパーズに惹かれる要素は何でしょうか?

 

先述したように、レナードの出身とロサンゼルスという都市については、クリッパーズにも同じことが当てはまります。

 

これらに加えて、クリッパーズはレイカーズには無い――優れたロールプレイヤーが多く在籍していると言えるでしょう。

 

ヘッドコーチもまた、リーグで最も評価された人物の一人であるドック・リバースHCです。

 

優勝のために必要な要素という意味ではラプターズに劣るものの、レイカーズには勝っているようにも思えます。

 

一見すると売り文句が無いようなクリッパーズですが、彼らも確実性を秘めており、レナードのコート内外での充実には最も適しているかもしれません。

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください