選手の”リクルート力”について語ったデイミアン・リラード

(引用元:heavy.com)

同じチームに集まるように選手を”リクルート”する時、最も影響力を持っているのは誰なのでしょうか?

 

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、4年1億9,600万ドルの契約延長を発表した土曜日の記者会見で、次のように語りました。

 

時にコーチやフロントオフィスは、選手ほど大きな力を持っていない。今の選手たちはフレンドリーなんだ。(マイケル)ジョーダンのように他の選手を連れて来なかったのは、過去のことだと思う。彼らは互いに競い合っているようだったからね」



リラードのコメントは、前日の夜にカワイ・レナードポール・ジョージがロサンゼルス・クリッパーズへ移籍したことに起因し、リラード自身も驚いたことを認めています。

 

それでも、リラードは彼らと対戦することに興奮していると語りました。

 

「楽しみのような、興奮するような、新しい挑戦だね。俺は興奮しているよ。完璧(な移籍)だ」

 

一方、今年のオフは他のスター選手と一緒にプレイするために、市場が目まぐるしく動いている中で、リラードはトレイルブレイザーズとの契約延長を結んでいます。

 

トレイルブレイザーズのゼネラルマネージャーであるニール・オルシェイ氏は、そんな彼の決断を称賛しました。

 

「私たちがデイミアンを残せる理由の一つとして、ルーキー・スケール契約を延長し、今では2年早く契約を延長したことで、彼はチームや組織、都市、ポートランド・トレイルブレイザーズを選んだ。そして、私がこのサインで最も興奮しているのは、彼が過去7年間に築いてきたものを受け入れ、それを優先しているということだよ」

 

2012年のドラフトでトレイルブレイザーズから全体6位で指名され、キャリアの全てをトレイルブレイザーズに費やしてきたリラードは、再契約がシンプルな理由だと明かしています。

 

「俺たちのファンや、彼らが俺たちのチームに感じていることに感謝している。今の環境に感謝しているよ。俺もここで(優勝を)やりたいと以前から言っていた。1977年以来優勝していなくて、それが唯一だってことを留めておけば、仕事を果たした時にずっと良い気分になれる。それを成し遂げるために、最高の選手と一緒にプレイする必要は無かったんだ。これが俺のやり方だからね。それが実現できなくても、俺が選んだ道を辿っているから、共に歩んでいくことができる。ずっと前にそれを受け入れたんだ」

 

リラードの存在は、他の選手――特にチームメイトにも影響を及ぼしています。

 

トレイルブレイザーズと2年1,600万ドルで再契約したロドニー・フッドは、リラードが居るからこそ少ない金額で残留したことを明かしました。

 

「彼は勝ちたいと思っている。自分自身をケアし、常にみんなを気にかけているんだ。彼はリーグの類まれなリーダーであり、彼が引っ張っているからポートランドが成功し続けられたんだよ。それが大きな理由だと思うね」



そしてリラードは、トレイルブレイザーズでキャリアを終えることを望んでいます。

 

「それは大事だね。何年も前に、俺は最高のトレイルブレイザーになりたいと言った。俺が言ったことの歴史を振り返れば、それが言っただけのものではないと分かるだろう。俺は自分の言ったことを貫く。もちろん、俺が最高のトレイルブレイザーになりたいということは、ここで引退したいということを意味するよ。だから、俺はこの先も、常にやっていることをやり続けるだけなんだ」

 

選手たちは明らかにフレンドリーになり、チームよりも市場を優先させるケースは増えています。

 

しかし、リラードのように自身の所属チームが最高の居場所だと考えるスーパースターも、リーグには少数ですが居ることも事実です。

 

選手の”リクルート”は確かに魅力的ですが、それに動じないからこそ、リラードはトレイルブレイザーズのフランチャイズプレイヤーであり、最高のトレイルブレイザーの一人となれるのでしょう。

(参考記事:Lillard: With recruiting, players have the power

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください