ヤニス・アデトクンボの弟はもっと凄い?「アレックスは僕より優れている」

出典:flipboard.com

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、既にNBAで最高の選手の一人であることを証明しています。

 

2018-19シーズンは1試合あたり平均27.7得点、15.5リバウンドを記録したことで、24歳にしてシーズンMVPを受賞しました。

 

しかし、そんなヤニスは、自分より優れていると認めている才能があります。

 

それが、弟のアレックス・アデトクンボです。

 

ヤニスは弟のアレックスについて、次のように語りました。

 

アレックスは僕より優れていると確信しているよ。彼はモチベーションを保っている。彼はそれ(ヤニスを超えること)を望んでいる。それが彼を特別なものにしているんだ。彼は満足していないね」(出典:Bleacher Report)



アデトクンボ兄弟は、皆がアスリートです。

 

長男のフランシス・アデトクンボはプロサッカー選手であり、次男のサナシス・アデトクンボは、先日ヤニスが所属するバックスと2年300万ドルの契約を結びました。

 

ヤニスの弟で四男にあたるコスタス・アデトクンボは、現在ダラス・マーベリックスでプレイしています。

 

アレックスもまた、同じような道を辿るかもしれません。

 

彼は今、ミルウォーキーにあるドミニカン高校の4年生として、バスケットボールに打ち込んでいます。

 

コーチのジム・ゴズ氏は、アレックスについて次のように語りました。

 

「全体的な才能に関しては抜きん出ている。時には偉大さの兆候を見せてくれるね」(出典:Bleacher Report)

 

とはいえ、17歳のアレックスの将来はまだ空中を漂っています。

 

『247 Sports』によれば、アレックスは5つ星中3つ星として評価されており、現在はウィスコンシン大グリーンベイ校や、オハイオ大からオファーを受けているようですが、海外でプレイするということも不可能ではありません。

 

ただいずれにせよ、アレックスのモチベーションは本当に素晴らしいものです。

 

彼はヤニスとの比較について、こう語りました。

 

「僕の最終的な目標は、ヤニスを上回ることではない。僕自身が最高の選手になることだよ。たまたま、自分の目指す最高の選手が、兄弟が今やっていることを上回る可能性があるということで、彼が最高の選手だとは思わない」(出典:Bleacher Report)

 

ヤニスを超える存在だとすれば、それは一体どれほどのものなのか…

 

アレックスのNBA入りが楽しみになりそうです。

(参考記事:Giannis Antetokounmpo on his little brother: ‘I definitely think Alex can be better than me’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください