スパーズが、契約合意を無視したマーカス・モリスとニックスに怒り

フリーエージェントが解禁された最初の週で、サンアントニオ・スパーズはフリーエージェントのマーカス・モリスと契約合意に至りました。

しかしその後、モリスはニューヨーク・ニックスと契約合意に至り、スパーズとの契約合意は無かったことになっています。

この出来事にスパーズがどう思っているかは、想像に難くないでしょう。



あるNBAのゼネラルマネージャーの一人は『The Athletic』のフランク・イソラに対し、モリスとの間で交わされた2年2,000万ドルの口頭合意が尊重されていないことについて、スパーズが”腹を立てている”と明かしました。

その代わり、モリスはニックスと1年1,500万ドルで契約を結んでいます。

スパーズはモリスと契約合意に至った後、ダービス・ベルターンスをトレードで放出し、デマーレイ・キャロルをトレードで獲得するなど、サラリーキャップの調整を行なっていたのですから、彼らが怒りを覚えるのは当然でしょう。

あくまで契約合意であるため、モリスとニックスがしたことに対する規則はありませんが、眉をひそめるものであることは確かです。

加えて、モリスはニックスと契約した後に、彼の代理人であるリッチ・ポール氏と別れました。

一部の報道によれば、ポール氏がモリスに対し、スパーズと契約することを強く推していたからだと言われています。

ただ、最終的な決断はモリスにあるため、考えを変えることはいくらでも出来るでしょう。

しかし、NBAにおいて契約合意が無視されることは珍しく、もちろんそれは人間性や、チーム同士の関係に影響が出てしまうことが理由として挙げられます。

ですから今回の件で、スパーズとニックスのチーム関係に悪影響が出てしまっても、決しておかしなことではありません。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。