ウィザーズがブラッドリー・ビールに契約延長を提示――左右される球団の命運

ワシントン・ウィザーズとブラッドリー・ビールの辿る道は、今後3ヶ月以内で明確になるでしょう。

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏は、契約延長が可能となる今週の金曜日に、ウィザーズがビールに3年1億1,100万ドルの契約延長を提示する予定だと伝えました。

ウィザーズのゼネラルマネージャーであるトミー・シェパード氏は、ビールの契約延長についてこう言及しています。

「(契約延長が)許可された瞬間に、私たちはブラッドに最大の契約延長を提示するつもりだ」

一方で26歳のビールは、今年の10月21日までに契約延長するかどうかを決断する必要があります。



残り2年間で5,580万ドルの契約を残しているビールは、今回の契約延長をじっくり考えることになるかもしれません。

昨季32勝50敗と期待外れに終わっただけに、ビールは留まるべきか検討する必要があります。

『Washington Post』のキャンディス・バックナー氏によれば、ビールの代理人であるマーク・バーテルスタイン氏は契約延長について、次のように述べました。

「現時点では決めていない。そこに辿り着いた時、私たちはそれ(契約延長)についてもっと真剣に考え始めるだろうね」

シェパード氏いわく、仮にビールが3年間の契約延長を断ったとしても、ウィザーズは1年間か2年間の契約延長も検討しているようです。

何にせよ、ウィザーズがビールのリーダーシップを中心に再構築したいのは明らかでしょう。

シェパードは『ESPN』に対し、次のように語りました。

「私たちが正しい手段で構築しようとしていること、彼(ビール)の周りに才能の乏しい選手が居ないということを、彼に示す必要がある。彼が一緒にプレイしたいと思う選手で、彼を囲むつもりだよ」

ビールが契約延長を断る理由があるとすれば、それは2つあるでしょう。

一つはウィザーズに残りたくない場合、もう一つはスーパーマックス契約を狙う場合です。

もし、来季にビールがオールNBAチームに選出されれば、彼は来年の夏に5年最大2億5,400万ドルのスーパーマックス契約を結ぶことができます。

ビールがそのチャンスを狙っているとするならば、彼が契約延長を断るのは必ずしも悪いことではありません。

ただ、どちらにしても選択権はビールにあります。

それはオーナーのテッド・レオンシス氏も理解しているようで、『ESPN』に対しこう語りました。

私はこれが選手のリーグだと理解している。今の選手は、とても知的で賢いからね」

ウィザーズの運命は、ビールが握っていると言っても過言ではありません。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。