トピックス

ニックスのプレイオフ出場を確信しているボビー・ポーティス

スター選手の獲得に臨んだニューヨーク・ニックスの今夏は、大半を空振りで終えることになりました。

カワイ・レナード、ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ケンバ・ウォーカーといった選手に、手が届くことは無かったからです。

影響力のあるスター選手が居ないから、来季もニックスは勝てないだろう――果たしてそうでしょうか?

少なくとも、新たにニックスと契約したボビー・ポーティスはそう思っていません。

彼は『HoopsHype』のアレックス・ケネディ氏とのインタビューで、ニックスが2018-19シーズンをリーグ最低勝率で終えたにも関わらず、来季はプレイオフに出場できると語りました。

「僕たちを嫌い、疑っている人々は、(プレイオフが現実的な目標ということを)ものすごく馬鹿げていると言うだろうね。でも、僕たちにはプレイできるピースがたくさん揃っている。みんながあらゆるポジションを理解していると思うんだ。それだけ多くのタレントが居れば、競争力が高まり、チーム全体を向上させるよ



ポーティスの意見には一理あるでしょう。

昨季、ニックスはクリスタプス・ポルジンギスを放出したことで、2人の選手とマックス契約を結べるだけのキャップスペースを空けました。

結果的にマックス契約を結んだ選手は居なかったものの、だからといってキャップスペースが無くなるわけではないため、ニックスはそれを活用して様々な選手と契約を結びました。

要するに、今のニックスに圧倒的に優れた選手は居ませんが、ロスターの厚さはあるのです。

今夏に加入したフォワードであれば、ジュリアス・ランドル、マーカス・モリス、タージ・ギブソン、そしてポーティス…

彼らで十分な出場時間を共有させるのは、非常に難しいことでしょう。

既にケビン・ノックスや、ビッグマンのミッチェル・ロビンソンも居ます。

ポーティスは、こう語りました。

「今季に入るにあたって、交代できる3人、4人、5人のフロントコートの選手が必要だと思う。シーズンは明らかに長いから、選手の怪我も起こる。長いシーズンを戦うなら、層の厚さが必要なんだ。僕たちは、このチームのあらゆるポジションで厚い層があると思うよ。毎晩、高いレベルで競える選手が多く居る。僕たちのロスターには多くの才能がある。見落とされていると思うね」

バックコートの選手でさえも、レジー・ブロックやウェイン・エリントン、エルフリッド・ペイトンを加えたことを考えれば、選手層の厚さは明白です。



とはいえ、決して簡単にプレイオフ出場が狙えることもありません。

昨季わずか17勝しか挙げられなかったニックスは、2019-20シーズンにさらに少なくとも24勝を挙げる必要があるでしょう。

フリーエージェントで加わった選手は素晴らしいタレントですが、同様にニックスはエネス・カンター、ティム・ハーダウェイJr.、エマニュエル・ムディエイ、トレイ・バーク、ディアンドレ・ジョーダンといった選手を失いました。

そのため、結局は多くの識者もニックスが2019-20シーズンにプレイオフに出場できるとは考えておらず、ベッティング市場におけるオッズも300/1でリーグワースト3位となっています。

それでも、ポーティスはニックスがプレイオフに出場できると確信しています。

それを反対するほとんどの人々に一泡吹かせられるかは、彼とニックスの頑張りに懸かっているでしょう。

【投票】

2019-20シーズンのニックスはプレイオフに出場できると思う?
  • 出場できない 84%, 224
    224 84%
    224 票 - 84%
  • 出場できる 16%, 43
    43 16%
    43 票 - 16%
全体の票数: 267票
2019-07-22 22:18 - 2019-10-01 0:00
この投票は終了しました

-トピックス
-, ,

© 2020 NBA TOPICS