ネッツのリーダーとして早くも存在感を発揮するカイリー・アービング

出典:heavy.com

ブルックリン・ネッツのトレーニングキャンプ開始まで、まだ1ヶ月以上の余裕はありますが、選手はより優位なスタートを切るために、自主的に集まってワークアウトを行っています。

 

そして、ロスターの多くがロサンゼルスに集まって行われた非公式のワークアウトには、過去2年間のボストン・セルティックスでリーダーシップが疑問視されたカイリー・アービングの姿もありました。

 

チームメイトのテオ・ピンソンは『The Post』に対し、アービングの参加するワークアウトについて語っています。

 

「基本的には選手が主導していたよ。カイリーがそこにいて、僕らは彼と一緒にやりたかったから、全員で一緒にワークアウトをしただけさ」



ワークアウトにはアービングピンソンの他に、キャリス・ルバートディアンドレ・ジョーダントーリアン・プリンスデイビッド・ヌワバや、現在はフリーエージェントのカーメロ・アンソニーなどの選手たちも参加していました。

 

ネッツのロスターは、ピンソンルバートスペンサー・ディンウィディー以外が新加入の選手であることを考えると、このように自主的にワークアウトを行い、選手が主導し、アービングが存在感を放っているのは良い兆候でしょう。

 

ピンソンは、次のように語ります。

 

「良いことだね。キャンプ入りをするにあたって、少しだけ有利なスタートを与えてくれる。ただコート上(でバスケットボールをする)だけでなく、コート外でも『(NBA)2K』をプレイしたり、夕食に行ったりするんだ。楽しかったよ」

 

大人気のバスケットボールゲームである『NBA 2K』は誰が上手いのか尋ねられると、ピンソンはこう語りました。

 

「個人的にはニック・クラクストン(新人のニコラス・クラクストン)かな。ニック・クラクストンは、本当に2Kが得意なんだ。カイリーは自分だと言ってほしいだろうけど、彼じゃ全く及ばないよ。でも、(若い選手は)いつもプレイしているから、彼は本当に上手いんだね」



それからピンソンは、自身の役割についても言及しました。

 

「3番目のポイントガードとして、オープンなショットを決める。それが僕にとって最も大事なことかな。僕たちのチームにはクリエイティブな選手がたくさんいるから、(僕が)ショットを決められれば、彼らがオープンになる」

 

ピンソンのようなロールプレイヤーが自らの仕事をこなし、アービングのリーダーシップに応えることもまた、非常に重要なことだと言えるでしょう。

 

カイリー・アービング中心のネッツでも侮れない理由

2019-08-06

(参考記事:Kyrie Irving already making presence felt as Nets leader

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください