トピックス

NBAデビューが待ちきれないボル・ボル

スーダン系アメリカ人で、故NBAスター選手のマヌート・ボルの息子でもあるボル・ボルは、デンバー・ナゲッツでNBAの道を歩む準備が整っています。

彼は『AFP』に対し、こう語りました。

「まだ信じられない。僕がNBAにいるんだ。すごく興奮しているよ。待ちきれないね」



ボルは7フィート2インチ(約218cm)の身長、7フィート8インチ(約233cm)のリーチから繰り出されるブロックを得意とするだけでなく、スリーポイントシュートや、ドリブルもできる驚異的な選手です。

一方で、その体格からか左足の骨折を経験してしまい、オレゴン大ではわずか9試合しか出場できませんでした。

それでも、ボルは1試合あたり平均21.0得点、9.6リバウンド、2.7ブロック、FG成功率 56.1%、3PT成功率 52.0%を記録しています。

ボルはドラフト後、自身の才能について次のように語っていました。

「僕のサイズでは出来ないことが、僕はたくさん出来るんだ。上手くドリブルが出来るし、どこからでもショットが打てるし、良いパスも出せる」

しかし、ドラフトのトップ5に入るだろうと予想されていた彼でしたが、やはり足の状態は誰もが懸念することでした。

結局、ボルが指名されたのは2巡目の全体44位です。

ボルは、現在の自身のコンディションについて語りました。

「全てが完璧さ。完治したよ。午前中にはワークアウトをこなしていたからね。シーズンが始まる時には準備が整っている。全てが準備万端だよ」

NBAのレジェンドセンターであるシャキール・オニール氏は『complex.com』に対し、ボルの素晴らしさを語っています。

「この若者がやれる可能性を見てみた。彼は全てを備えている。シュートも、パスも、ドリブルも出来るんだ。いつも怪我しているから、誰も分かっていないだけさ」

また、ボルは成長する上で最適なチームの一つに所属したと言えるでしょう。

ナゲッツには、昨季のオールスターであり、オールNBA1stチームにも選出された、ビッグマンのニコラ・ヨキッチがいるため、ボルは彼から様々なことを学べます。

ボルはこう語りました。

「僕は本当に素晴らしいチームに居る。ルーキーとしての僕の役割は、可能な限り準備を整え、あらゆることに備えることだよ」

一方でナゲッツも、ボルの多様性が、相手の混乱を招く影響力のある選手だと評価しています。

ナゲッツのバスケットボール・オペレーション代表のティム・コネリー氏は、ボルについて次のように語りました。

「彼のレンジや、リムプロテクトの能力、フロアでの柔軟性は、非常に稀な組み合わせだ。彼のスキルセットや、血統、人としてどうなのかという部分は、うまくフィットすると思うよ」



多くのチームが、ボルを指名しなかったことに後悔する日は来るのでしょうか。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS