トピックス

比較を避けるシャイ・ギルシャス・アレキサンダー「僕はラッセル・ウェストブルックじゃない」

オクラホマシティ・サンダーはラッセル・ウェストブルックを放出する代わりに、クリス・ポールを獲得しましたが、将来を見据えときに本当に期待されるポイントガードは、おそらくシャイ・ギルシャス・アレキサンダーとなります。

アレキサンダーはポール・ジョージの代わりにロサンゼルス・クリッパーズからトレードされ、ルーキーイヤーの昨季は73試合で平均10.8得点、3.3アシストを記録しました。

将来的にアレキサンダーがサンダーの主要なポイントガードとなることを考えれば、彼がウェストブルックと比較されるのは避けられないことでしょう。

しかし『The Oklahoman』のエリック・ホーン氏によれば、アレキサンダーはそれについて尋ねられた時、次のように対処してみせました。

僕はラッセル・ウェストブルックじゃない。同じ体、同じ名前を持っているわけじゃないんだ。だから、僕は自分自身を確立し、ベストな自分になろうとするだけさ。」



アレキサンダーは続けて語ります。

「僕はただのバスケットボール選手。状況に関係なく、ハードに取り組んでプレイし続けるだけ。最終的に、それが実を結ぶことを僕は知っている。(サンダーでのキャリアが)始まることは心配していないよ。称賛だったり、そういった類のことは気にしていない。ただハードに取り組み、静かに自分に忠実であり続けるんだ」

それは、サンダーのファンがアレキサンダーを愛す理由の一つとなるでしょう。

彼は自信を持っていますが、決して自惚れてはいません。

アレキサンダーはダイナミックで爆発力のあるウェストブルックよりも、伝統的なポイントガードであることを望んでいます。

クリッパーズのドック・リバースHCの下で学び、自信も付け、信頼できる選手であることを示しました。

サンダーの再建の中核を担うのは、ほかでもないアレキサンダーです。

その姿はウェストブルックとは異なるものですが、一人の信頼できる選手として成長するには十分なものでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS