トピックス

ブラッド・スティーブンスHCが称賛する、ケンバ・ウォーカーの”性格”

ボストン・セルティックスの指揮官であるブラッド・スティーブンスHCは、今オフにチームの一員となったガードのケンバ・ウォーカーのカリスマカリスマ性や、キャラクターを称賛しました。

そして同時に、スティーブンスHCは、ウォーカーが今のポイントガードと決定的に違うことを挙げています。

スティーブンスHCは、『The Crossover』のジャスティン・バラッソ氏との対話の中で、ウォーカーについてこう語りました。

「彼がコネチカット大の頃から、私が感じているのは、彼は笑顔でプレイするということだ



スティーブンスHCは続けて語ります。

「彼には伝染性があり、楽しいものになるだろうね。我々は(ラジョン)ロンドやアイザイア(トーマス)など、本当に良いポイントガードが居るし、カイリーも今年はオールNBAの2ndチームに選ばれ、最後に怪我をしていなければ、昨年もオールNBAに選ばれていただろうね。我々のポイントガードは多くのことを求められるけど、ケンバがここに居ることを非常に嬉しく思うよ」

ウォーカーのクイックネスやボールハンドリング、シュートタッチ優れていることは知られていますが、彼は同時に、愛想の良い選手としても好かれています。

昨季のセルティックスはロッカールームに緊張感があったものの、ウォーカーの存在はより良い雰囲気を与えてくれるかもしれません。

ウォーカーに限らずとも、新人のグラント・ウィリアムズや、新加入のビッグマンであるエネス・カンターもまた、ロッカールームに統率をもたらすために最善を尽くし、非常に友好的かつ競争力のある選手として知られています。

今年の夏、大きな変化に直面したセルティックスですが、ウォーカーの人間性から生まれる”笑顔”は、チームのケミストリーを深めるために大きな役割を果たすこととなるでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS