契約後、初めて新たなチームメイトについて語ったケビン・デュラント

出典:nydailynews.com

この夏にブルックリン・ネッツと4年契約を結んで以降、初めてのインタビューで、ケビン・デュラントはバスケットボール以外のことについて熱心に語りましたが、やはり新たなチームメイトについても、少し話さずにはいられませんでした。

 

ユーチューバーのクリス・ヘンダーソン氏とのアプリインタビューを通じて、デュラントは新たなチームメイトについて語っています。

 

「特に僕が起用できない状況なら、誰もが異なるレベルへ進めると感じている。みんながステップアップして、次のレベルに進むと思うよ。優れたコーチングや、優れたフロントオフィス、新しい何かにワクワクしている素晴らしいファンたちが居る。僕が感じる全ての人々にとって、フレッシュなスタートだね」

 

ケビン・デュラントが自ら明かす、移籍の経緯や怪我の状態「偶然起きただけ」

2019-08-08



またデュラントは、今後4年間を共にするスターのカイリー・アービングについて、特別な選手だと語りました。

 

「彼は語る必要の無い人間の一人だ。彼のプレイだけを見ればいい。彼を見ると、確たるものを感じさせる。動き、メンタリティがそこにあるんだ。彼のプレイはスマートで、効率的で、オールラウンドな選手だよ」

 

それからデュラントは、期待している別のチームとして、ルカ・ドンチッチクリスタプス・ポルジンギスの若きデュオが居るダラス・マーベリックスを挙げています。

 

「2人が一緒にプレイするのを楽しみにしている。彼らは何かを持っていると思うんだ。(マーベリックスのオーナーの)マーク・キューバン氏は、常に彼らをサポートし、最高の場所に置くだろうね。僕が今後数年間、間違いなく注目しているフランチャイズさ」

 

インタビューの長さはほぼ50分でしたが、バスケットボールに関することはほぼ無く、あとは音楽やビデオゲーム、ファッション、人生全般のことでした。

 

デュラントは好きなゲームの3つの中で『NBA 2K』シリーズを挙げましたが、どうやら最新作の『NBA 2K20』では、自身の総合評価が「96」であるにも関わらず、開発者をあまり良く思っていないようです。

 

「僕をもっと良くできたと思うよ。僕は誰が相手でもショットを決められるし、ポイントガードだって務められるし、リムの近くでブロックもできるんだからね」

 

デュラント自身から見れば、どうやらその3つのスキルが足りていなかったようです。



残念ながら2019-20シーズンにデュラントがコートに立てる見込みは薄いため、来年に発売されるであろう『NBA 2K21』でも、彼は同じような不満を抱くでしょう。

 

しかし、代わりにデュラントのチームメイトは大きくステップアップしている可能性があります。

 

彼が復帰する時、そして復帰した後、ネッツがどれほど脅威的なチームであるのか、期待せずにはいられません。

 

 

ケビン・デュラントが自ら明かす、移籍の経緯や怪我の状態「偶然起きただけ」

2019-08-08

(参考記事:Kevin Durant talks about Nets teammates in first interview since signing in Brooklyn

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください