歴史的勝利も、目標を見失わないフランス代表「最終的に勝てなければ意味がない」

出典:autun-infos.com

9月11日に行われた、アメリカ代表対フランス代表の2019 FIBAワールドカップ準々決勝は、国際大会58連勝中のアメリカ代表をフランス代表が89-79で下し、歴史的勝利を挙げました。

 

アメリカ代表はメダルを獲得することもできず、目指せる最高の成績は5位で、NBAに帰ることとなります。

 

彼らの史上初となるワールドカップ3連覇の夢は、夢のまま潰えることとなりました。

 



試合後、アメリカ代表のグレッグ・ポポヴィッチHCは、敗戦についてこう語っています。

 

「敗北は何だって痛い。まして、こういった状況だから、もっと痛い。だが落ち込んではいられない。重要な試合で、我々は勝ちたいと思っていただろうけど、我々は成長し、家族や生活もあり、くよくよしていられないんだ」

 

アメリカ代表のドノバン・ミッチェルは、両軍最多の29得点を挙げたものの、それらは全て第3クォーターまでに記録したものでした。

 

彼が最後に6本連続でショットを落としてしまったのは、アメリカ代表にとっても一つの誤算だったかもしれません。

 

昨季唯一のオールNBA選出者としてチームを引っ張ったケンバ・ウォーカーは、試合後に次のように語っています。

 

「僕たちは負けたんだ。やれることは何もない。競い合ったよ。トレーニングキャンプに加わった初日から、僕たちは競争していたんだ。僕たちはチームUSAであり、長年に渡って勝ち続けていることは分かっているけど、それを実現させることは出来なかった」



フランス代表は、オーランド・マジックのエバン・フォーニエがチーム最多の22得点、ユタ・ジャズのルディ・ゴベアが21得点、16リバウンドと牽引し、アメリカ代表との国際試合での連敗を9で止め、初勝利を記録しました。

 

しかし、歴史的勝利があってもなお、彼らは目標を見失ってはいません。

 

ゴベアは、目標がアメリカ代表を倒すことではなく、金メダルを獲得することだと語りました。

 

「僕たちは金メダルを獲得するために、ここに来たんだ。簡単ではないことは分かっていたよ。多くの人々は、僕たちが負けると考えていたけど、勝てたね。でも、最終的に勝てなければ何の意味もないんだ

 

フランス代表で、シャーロット・ホーネッツでもプレイするニコラス・バトゥームも、同様にこう言います。

 

「僕たちは、強大なアメリカ代表を倒した。でも、まだ何にも勝っていないよ」

 

フランス代表は後半に最大10点のリードから、アメリカ代表の追い上げにより最大7点ビハインドの状況となりました。

 

しかし、彼らはそこから15-2のランで再び逆転すると、第4クォーター残り2分5秒にはニューヨーク・ニックスでプレイするフランク・ニリキナのジャンパーで82-76とし、残り53秒にはゴベアが、ジャズでチームメイトのミッチェルのレイアップをブロックするなど、攻守でアメリカ代表を上回りました。



アメリカ代表は大きな重圧と、歴史上最も苦戦を強いられるであろうロスターで戦いましたが、最後はフランス代表に及びませんでした。

 

アメリカ代表のジョー・ハリスは、こう語ります。

 

「彼らに脱帽しなければならない。彼らは僕たちに勝ったんだ。彼らは勝利に値することをした。僕たちは明らかに、勝利に値することをしなかったんだ」

 

代表辞退のデビン・ブッカーに、ビル・シモンズ氏は「無意味に得点を量産しているだけ」

2019-09-11

(参考記事:A shocker: US beaten by France 89-79 in World Cup quarters

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください