トピックス

アル・ホーフォード、ジョエル・エンビードの存在に「味方になって良かった」

昨シーズン、フィラデルフィア・76ersとボストン・セルティックスの対戦で注目のマッチアップと言えば、ジョエル・エンビードとアル・ホーフォードのビッグマン対決だったことでしょう。

全体的に見ると、ホーフォードがエンビードを抑えたというのが大方の見方ですが、それでもエンビードはセルティックス戦で平均29.3得点、15.5リバウンドを記録しました。



ホーフォードが76ersのユニフォームを着用した今、彼はエンビードが試合にもたらすものに”ありがたみ”を感じています。

『Sixers Wire』のケイ・カーリン氏によれば、ホーフォードはエンビードの存在について次のように語りました。

「彼の味方になって良かった。彼がどうやって試合を支配していくのか見ててほしい。僕はここで時間を最大限に活用する方法を見つけるのが楽しみだよ。」

ホーフォードの加入により、76ersはエンビードを負荷管理の計画に含めることが可能になるでしょう。

エンビードはベンチに下がる時でも、安心してコートをホーフォードに託すことができます。

ホーフォードは続けて語りました。

「理想としては、彼にできるだけプレイをしてほしい。でも僕たちのチームは層が厚く、僕は5番(センター)でプレイできるし、カイル・オクインもバックアップとして加われるし、彼が負担を感じないように色んなやり方を試すだろうね。僕たちはより良い位置にいると感じるよ」

[kanren postid="15507"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS