カワイ・レナードの欠場に、指揮官は「選手たちが正しいことをしなければ」

出典:sportscasting.com

ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リバース・ヘッドコーチは、11月6日(日本時間7日)のミルウォーキー・バックス戦でカワイ・レナードを欠場させることについて、NBAファンの失望を理解していないわけではありません。

 

この試合は全米で中継されるということもあって、バックスのヤニス・アデトクンボとのマッチアップは、誰もが注目していた対戦の一つだったことは間違いないでしょう。



しかし、リバースHCはそういった周囲の不満を受けながらも、記者団に対し、それについては何も出来ないと言いました。

 

「私はコーチだけでなく、バスケットボールのファンでもある。だからそれは理解している。だが、選手たちが正しいことをしなければならないのも明白だ。それは我々の義務でもある」

 

特にサンアントニオ・スパーズ時代でのレナードの負傷歴を考えると、クリッパーズが優勝を見据えるために、この段階で欠場させるのは理にかなっているのかもしれません。

 

クリッパーズにとって重要なのは11月にリスクを冒すことではなく、長いプレイオフを乗り切るために、その時に合わせてレナードのコンディションをピークに持ってくることです。

 

当然、そうなれば欠場は増加してしまうため、ファンにとっては受け入れ難いことになってしまうでしょう。

 

それでも、シーズン序盤のたった一戦が、プレイオフに大きな影響を及ぼすわけではありません。

 

ですから、リバースHCはファンを良くない気分にしてしまうと分かっていながらも、自身の決断にこだわっています。

 

「ファンにとってはタフなこと。(彼らを)満足させられる正しい答えは無いんだよ」

 

【今回の一問一答クイズ】

ドック・リバースHCが、現役選手時代にロサンゼルス・クリッパーズでプレイしたシーズンは?

  • 1983-84シーズン
  • 1987-88シーズン
  • 1991-92シーズン

正解!正解!

不正解!不正解!

1991-92シーズン

アトランタ・ホークスで8シーズンを過ごした後、ロサンゼルス・クリッパーズで1991-92シーズンの間だけプレイし、その後はニューヨーク・ニックスやサンアントニオ・スパーズでプレイしました。

ドック・リバースHCが語ったイーストの本命は?

2019-11-06

サンズのベンチ陣がパトリック・ベバリーの退場に”バイバイ”

2019-10-28

(参考記事:Doc Rivers defends sitting Kawhi Leonard: ‘We obviously have to do what’s right by our players’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください