トピックス

ジェームズ・ハーデンの”KD”発言が話題に

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは、11月6日(日本時間7日)に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で36得点、13アシストを記録し、チームを勝利に導いた後、彼はウォリアーズファンを苦笑いさせるようなコメントを残しました。



過去2シーズン、ウォリアーズと激しい戦いを繰り広げてきたハーデンは、現在のウォリアーズを取り巻いている多くの怪我について尋ねられると、勘違いからかこう発言しました。

「クレイ(トンプソン)、KD(ケビン・デュラント)、ステフ(ステフィン・カリー)がすぐに戻ってくることを願っているよ」

当然、ケビン・デュラントはブルックリン・ネッツと4年契約で去ったため、戻ってくるはずはありません。

彼のコメントは、ネット上ですぐに話題を呼ぶこととなりました。

ファンの反応

  • ハーデンはKDがネッツと契約したことを知らないのか
  • これは挑発じゃないな
  • チーム全体が怪我をした時に、誰が出ていないかを覚えるのは難しいからな(爆笑)
  • ハーデンはまだウォリアーズにKDがいると思ってる(笑)
  • ハーデンがKDを忘れちまった(爆笑)

もちろんハーデンはチームに関係なく、カリーやデュラント、トンプソンらが少しでも早く復帰することを望んでいるでしょう。

ただし今のウォリアーズについて尋ねられていただけに、彼のうっかりなコメントが取り上げられることになってしまいました。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS