レブロン・ジェームズが引退について「歩けなくなるまでプレイする」

出典:sportscasting.com

今はまだその時ではありませんが、いずれ人々がロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは引退について考える時はやって来るでしょう。

 

レギュラーシーズンで通算1,209試合、ポストシーズンで通算239試合に出場してきたジェームズは、大抵の通算記録でトップ50入りを果たしており、出場時間でもトップ15入りを記録しています。

 

『Orange County Register』のカイル・ゴーン氏によれば、ジェームズはNFLで42歳ながら現役選手として活躍するトム・ブレイディの名前を挙げ、自身の引退についてこう言いました。

 

「僕とトム・ブレイディは同じさ。歩けなくなるまでプレイするよ」

 

負荷管理について語ったレブロン・ジェームズ「怪我をしていなければプレイする」

2019-11-10



もうすぐ35歳を迎えるジェームズは、引退という言葉がまだ自分とはかけ離れたものだと考えています。

 

「高いレベルでプレイでき、試合に全てを捧げ、主要な目的から気を逸らすことがない限り、プレイしていくことになるだろうね。身体的にプレイできなかったり、精神的にやられていたり、今までやってきたようなプレイに近くなかったら、(キャリアの終わりを)考え始めるよ」

 

今シーズンのジェームズは、ルーキーイヤー以来最低の平均24.3得点を記録していますが、無論、それはアンソニー・デイビスが加入したためでもあります。

 

代わりに、ジェームズはキャリア最高の平均11.1アシストを記録しており、11月13日(日本時間14日)のゴールデンステート・ウォリアーズ戦では、デイビスが欠場していても力を発揮できることを見せつけました。

 

数年後に、ジェームズがリーグでどんな存在になっているかは分かりません。

 

その時まで第一線で活躍するスーパースターなのか、それともチームの優勝を縁の下から支えるロールプレイヤーなのか、あるいはビンス・カーターのように、次世代の若い選手を見ながら振り返るっていくのか…

 

ただ、ジェームズはそういった疑問に興味を持つことは無いようです。

 

「僕には分からない。僕の物語はまだ終わってないからね」

 

レブロン・ジェームズが引退する時はいつ?

負荷管理について語ったレブロン・ジェームズ「怪我をしていなければプレイする」

2019-11-10

母校の生徒からのタフな質問に、アンソニー・デイビスの答えは…?

2019-11-05

(参考記事:Purple & Bold: LeBron on retirement: ‘We’re gonna play ’til we can’t walk no more’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください