トピックス

ドレイモンド・グリーン「間違いなくピークに達していない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは8年目のキャリアを送っていますが、彼はまだ自身に成長と改善の余地があり、キャリアのピークに至っていないと考えています。



『ESPN』のサム・アリポール氏によれば、グリーンはケビン・デュラントのウォリアーズ加入に適応するために、自身のショットを減らすようにしたと言っています。

結果的にチームの優勝に貢献できたため、グリーンはその判断に価値があったことを認めましたが、一方でデュラントが居なければ、グリーンは自身にさらに磨きをかけていたと語りました。

「僕は間違いなくピークに達していない。成長する余地はたくさんあり、新たな高みに到達できる。例えば、3ポイントシュートを40%の確率で決められるようになるとかだ。そうなれば凄いよね?ここ数シーズンで僕のシュートは落ちてしまっているけど、1試合で2~3本しか3ポイントシュートを打てないのは難しい。もっと打てた時の確率は、ずっと高かったよ」

しかし残念ながら、グリーンの言葉は実際の数字とは矛盾しており、2015-16シーズンからの3シーズンでは、1試合あたりの3ポイントシュート試投数が増えたのとは反比例して、成功率は下がっていきました。

さらに昨シーズンと今シーズンの3ポイントシュート成功率は30%を下回っています。

グリーンが向上心や自信を持っていることは確かですが、彼が望むように成長し、正真正銘のピークが訪れるかどうかは分かりません。

[kanren postid="16100,16040"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS