トピックス

米メディアが評価する、八村塁が最も取り組むべきこととは…?

先週、米メディアの『CBS Sports』が伝えるルーキーのパワーランキングでは、ワシントン・ウィザーズの八村塁が堂々の1位として選出されました。

それから約1週間が経ちましたが、八村の高い評価はどのように変動したのでしょうか?

[kanren postid="16463"]



『CBS Sports』の最新のルーキーのパワーランキングでは、1位にマイアミ・ヒートのケンドリック・ナン、2位にメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントと続いた後、3位に八村を選出しました。

同メディアは、八村について次のように指摘しています。

八村はシーズンを通じてかなり良い成績を残しており、もしウィザーズがまずまずの成績を残していれば、彼はもっと注目を浴びるだろう。ただし、信頼できる3ポイントシュートを持っていない彼が最も取り組まなければならないのは、ミッドレンジからの効率的なスコアリングだ。彼はまだ、ペイントの外からのタッチを見い出していないため、ルーキーにあるシューティングの一貫性の無さに繋がってしまっている。リム周辺では堅実なリバウンダーかつ、フィニッシャーだが、彼がリーグで長いキャリアを送るためには、リム周辺だけでなく、プレイの幅をもっと広げる必要がある。

八村のミッドレンジからのシュート成功率は40.8%と、決して低いものではありません。

しかし一方で、リム周辺でのショット試投の割合は全体の53.2%と、プレイに大きく偏りが出ているため、ミッドレンジでのプレイを生かしきれていないことも事実です。

今後も八村がリム周辺で活躍を続ければ、少なからず相手はリム周辺での対策を講じてくるため、第二、第三の武器にも、さらなる自信を付けておくべきでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS