トピックス

26試合の欠場から復帰したカイリー・アービング「とても恋しかった」

右肩の負傷による26試合の離脱を経て、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは1月12日(日本時間13日)のアトランタ・ホークス戦で復帰を果たし、インパクトを与えられる選手であることを再び証明しました。

『ESPN』のマリカ・アンドリュース氏によれば、わずか20分間の出場にも関わらず、フィールドゴール11本中10本成功(フィールドゴール成功率は自己最高)の21得点、プラスマイナスでも+22ポイントを記録した後、アービングはこうコメントしています。

「僕は試合が大好きだ。(出場できない間)とても恋しかったよ」



『Elias Sports Bureau』によれば、アービングは少なくとも直近10試合を欠場した選手の復帰試合では、史上最高のフィールドゴール成功率(フィールドゴール試投数10本以上)を記録しました。

シーズン 選手 FG成功率 欠場試合数
2019-20 カイリー・アービング 91% 26
2015-16 ニコラ・ヴュチェビッチ 80% 13
2017-18 ステフィン・カリー 77% 11
2009-10 ネイト・ロビンソン 75% 14
1986-87 ジュリアス・アービング 75% 18

チームメイトもアービングのシュート効率に驚嘆し、ウィルソン・チャンドラーは試合後にこう言いました。

「ポール・ジョージと並んで、今シーズンの負傷が長引いた後の最高の復帰だよ」

アービングが不在の間、ネッツは13勝13敗を記録していました。

現時点でネッツは18勝20敗と勝率5割を下回っていますが、アービングの復帰によって成績が向上することに期待しましょう。

またアービングは、1月14日(同15日)のユタ・ジャズ戦、15日(同16日)のフィラデルフィア・76ers戦の連戦にも、出場する意向であると語りました。

[kanren postid="16889"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS