若い選手を支えるステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの”おふざけ”や”称賛”

出典:flipboard.com

ゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリーは、左手の骨折によりコートに立つことができませんが、だからといってベンチにずっと座っているわけでもありません。

 

試合を敗北で終えてしまうことは多いですが、カリーはその中でも、少しの勝利を楽しみたいファンのようになろうとしています。

 

最近では、チームメイトのグレン・ロビンソン三世がティップインでダンクを決めた時、カリーはタオルを振り回して称賛し、その後ベースラインを駆け抜けました。

 

『USA TODAY』のマーク・メディナ氏によれば、ロビンソンはカリーの行動についてこう語ります。

 

「ステフィン・カリーがサイドラインで小さな子どものように跳び回って、僕を応援してくれているなんて信じられない。それが彼の利他的なところだよね」



ウォリアーズのスティーブ・カー・ヘッドコーチも、サイドラインで若い選手のために盛り上げるカリーを見て、ウォリアーズの王朝の基盤が築かれた時代を思い返していました。

 

「この5年間、我々のチームは試合から多くの喜びを得て、互いの成果に喜びを感じてきた。若い選手の一人が何かをして、ステフがサイドラインで跳び回っているのを見ると、基盤が構築された時のことを思い出すよ」

 

チームメイトが相手からスティールした時も、カリーはズボンのポケットから手を上げて、誰かがスリにあったというジェスチャーをします。

 

左膝前十字靭帯断裂により離脱しているクレイ・トンプソンも同様に、チームの若い選手へエネルギーを注いでいることを忘れてはいけません。

 

トンプソンはシカゴ・ブルズ戦で『NBC Sports Bay Area』のゲストアナリストとして出演し、勝利で終えた試合後にはチームメイトのオマリ・スペルマンにインタビューをするなど、ちょっとした”おふざけ”も取り入れて、チームの雰囲気を維持させようとしています。

 

他にも、相手がタイムアウトを要求せざるを得ない状況になった時、カリーやトンプソンは真っ先に立ち上がり、戻ってくるチームメイトとハイタッチをします。

 

スペルマンは、彼らの献身的な姿勢に感謝を述べました。

 

「彼らはおふざけや、くだらないことをしてサポートしてくれている。焦ったり、混乱したりするのではなく、明るく振る舞うことで気持ちを穏やかにしてくれるんだ。ベテランの選手が時間をかけて若い選手と話をしてくれるのは、本当にありがたいことだよ」



カリーやトンプソンは、シューティングやトレーニング、プレイブックでアドバイスをすることもあれば、チームメイトに見える場所でリハビリを行うこともあります。

 

そうすることでチームメイトとの繋がりを感じ、チームメイトが自分たちの健康状態を把握できるからです。

 

時には素晴らしいパフォーマンスの後に称賛し、時には敗戦を通じて若い選手を励ますこともします。

 

ウォリアーズのウィリー・コーリー・ステインは、カリーやトンプソンの働きについてこう語りました。

 

「彼らが若い選手にそういったことをして、それを見られるのは大きなこと。彼らは自信を与えているんだ。スター選手が”シュートを打て”とか、”他のことをしてみろ”って言われると、全く違う考え方ができるようになる」

 

ステフィン・カリーのシューティングに、スティーブ・カーHCは「85歳になっても打てる」

2020-01-11

スティーブ・カーHCがドレイモンド・グリーンについて「疲れているように見える」

2020-01-07

【NBA Rakuten】でNBAを観戦しよう


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!