トピックス

ルカ・ドンチッチとトレイ・ヤングのトレード――どちらが勝者か決めるのはまだ早い

ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチと、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤング――彼らは今後も、比較され続けることになるでしょう。

2018年のドラフト当時、全体3位指名権を保持していたホークスはドンチッチを指名し、全体5位指名権を保持していたマーベリックスはヤングを指名した後、マーベリックスがホークスへ同年の1巡目指名権を送ることで、ドンチッチとヤングのトレードが成立しました。

もちろん、これは双方が望んだWin-Winのトレードですが、仮にあの夜のトレードの勝者と敗者を決めるとしたら、どうなるのでしょうか?



『Bleacher Report』のマイケル・スコット氏によれば、ヤングはその疑問に対して答えを持っています。

「彼ら(マーベリックス)は、より多くのベテランが居て、より勝ちたいと思っているチームだ。僕たちも勝ちたいチームだけど、育成に力を入れているし、リーグで最も平均年齢の低いチームだ。状況が違うだけに、今のところ(トレードの)勝敗を判断するのは難しい。それに、僕はあまり気にしていない。自分のチームに集中していて、どうすればチームの力になれるか考えている。きっとキャリアの終わりまで続く議題になると思うけど、僕は気にかけていないよ」

互いにキャリア2年目を迎えた今シーズン、確かにドンチッチはMVP級の活躍を続けていますが、ヤングもオールスター級の活躍でチームを引っ張っています。

ヤングは、いずれアトランタに「複数回の優勝をもたらしたい」と語りました。

「ファンとこの街は、それに値する。それができれば、僕にとっては、自分のストーリーの中でとても大きなことになるね」

今後数年間、十数年間に渡って、ドンチッチとヤングの互いの活躍が繰り広げられることは、NBAファンの誰もが楽しみにしていることでしょう。

2018年のドラフトの勝敗を決める議論をするには、明らかにまだ早すぎるでしょう。

▼ドンチッチとヤングの、今シーズンのスタッツ比較(2020年1月16日終了時点)

ルカ・ドンチッチ

 

項目 トレイ・ヤング

 

32.7 出場時間 35.2
28.9 得点 29.1
9.6 リバウンド 4.5
8.8 アシスト 8.5
46.7% フィールドゴール成功率 44.2%
32.2% 3ポイントシュート成功率 36.9%
78.2% フリースロー成功率 84.5%
1.1 スティール 1.2
4.3 ターンオーバー 4.8
36.0 USG% 34.0
100.41 ペース 104.81
[kanren postid="17138"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS