アル・ホーフォードが自身のトレードの噂についてコメント「彼らが適切なタイミングで下すべき決断」

昨年の夏にフィラデルフィア・76ersと最大4年1億900万ドルの契約を結んだアル・ホーフォードは、契約1年目から成績の低迷に苦しんでいます。

そして『USA TODAY』のジェフ・ジルジット記者は先日、ホーフォードが来シーズンまでにトレードされる可能性があると報告しました。



しかし、『The Philadelphia Inquirer』のキース・ポンペイ記者によれば、ホーフォードは自身のトレードの噂を一蹴するコメントを残しています。

「僕が憶測をコントロールすることはできない。それは彼ら(76ersの首脳陣)が適切なタイミングで下すべき決断さ。今の僕はチームの勝利に集中している。」

今シーズンのホーフォードは平均11.7得点を記録しており、これはアトランタ・ホークスに在籍していたルーキーシーズン(2007-08シーズンの平均10.1得点)以来最低の数字となっているほか、フィールドゴール成功率43.5%もキャリア最低の数字となっています。

2月11日(日本時間12日)のロサンゼルス・クリッパーズ戦ではベンチ起用となり、ホーフォードが先発起用されなかったのは2007年11月21日以来初めてのことでした。

blank

ウォリアーズからトレードされたことの理解に苦しむグレン・ロビンソン三世

2020-02-29

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。