Gリーグの練習に参加したステフィン・カリー、選手たちは「素晴らしい経験だった」

ゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリーは左手の骨折からの復帰に先立って、下部組織にあたるGリーグチームのサンタクルズ・ウォリアーズの練習に参加しました。

おそらく、Gリーグの練習に参加したNBA史上最も優れた選手と言えるでしょう。



『ESPN』のニック・フライデル記者によれば、サンタクルズ・ウォリアーズのフォワードであるロジャー・ムー・ア・ビディアスは、カリーの復帰の手助けができた喜びを語りました。

「ジムに史上最高のシューターであるステフィン・カリーが居たんだ。彼がコートに戻る準備の手助けをできたのは、僕たちにとって素晴らしい経験だったよ」

カリーは当初、3月1日(日本時間2日)のワシントン・ウィザーズ戦で復帰することを望んでいましたが、ゴールデンステート・ウォリアーズのスティーブ・カー・ヘッドコーチと医療スタッフが、もう少しスクリメージの時間を取ることを望んだため、復帰が延期することとなりました。

そして、ゴールデンステート・ウォリアーズが多くの練習時間を確保できない中、サンタクルズ・ウォリアーズでの練習はカリーにとって最適でした。

サンタクルズ・ウォリアーズのガードであるジェレミー・パーゴは、カリーのプレイについて「昔のステフのようだった」と語ります。

「昔のステフが打っていたようなショットを何本も決めていた。何であっても、彼は(復帰して)驚くようなプレイを見せてくれるだろう。自信のレベルや、今日の彼が決めたショットが、それを物語っている」

スクリメージの後、カリーはウォリアーズのスタッフ監視の下で1時間以上のシュート練習を行っていたようです。

ゴールデンステート・ウォリアーズはカリーの復帰について具体的なスケジュールを発表していませんが、全ての兆候は彼の復帰が差し迫っていることを示しているでしょう。

Gリーグでの練習も、もう予定されていません。

blank

ウォリアーズからトレードされたことの理解に苦しむグレン・ロビンソン三世

2020-02-29
blank

ウォリアーズのオーナーが、ケビン・デュラントのネッツ移籍に「意味が分からなかった」

2020-02-25

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。