ステフィン・カリーが自身のディフェンスに対する批判に反応

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズの親友であり、ビジネスパートナーでもマーベリック・カーターが、ゴールデンステート・ウォリアーズのステフィン・カリーのディフェンスを批判したことについて、カリー自身が反応しています。



最近、『UNINTERRUPTED』の「WRTS: After Party」に出演したカーターは、カリーのオフェンスやディフェンスについて次のように語りました。

「ステフは世界最高のシューターだ。彼が動き出したら止まらない。彼はコートのどこからでもシュートを沈めるからね。

そしてオフボールディフェンスや、スティールも得意としている。しかし、彼が自分の仕事を果たすためには、クレイ(トンプソン)やドレイモンド(グリーン)のカバーが必要だ」

このコメントの3日後、カリーはウェブキャストシリーズ『Pursue Your Passion』で次のように反応しました。

「僕はコートの上で自分が何者であるかということに、とても自信を持っている。だから答えはしないよ。意見に同意するか、ただ笑っているだけさ」

blank

新型コロナウイルスの検査を最初に受けていたステフィン・カリー

2020-04-18
blank

ウォリアーズのオーナーがサラリーキャップ、ドラフト指名権の使い道について言及

2020-04-13

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。