ブラッドリー・ビールのトレードの噂について代理人が言及「ビールが懸けられることはない」

ここ最近の大きな話題と言えば、ブルックリン・ネッツがワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールをトレードで獲得することを目論んでいると、『Daily News』が報じたことでしょう。

しかし、その真偽はともかく、ビールの代理人であるマーク・バーテルスタインは、ウィザーズがそのトレードに応じることはないと考えています。



『Forbes』のアダム・ザゴリア記者によれば、バーテルスタインはビールのトレードについて次のように語りました。

「ビールが懸けられることはない。ブラッドはウィザーズと再契約を結んだ。それは彼がワシントンの残りたいと思っていたからだ」

ビールのトレードの憶測は昨年も多くありましたが、昨年10月にウィザーズと2年7,200万ドル相当の契約延長を結んで以降、その話題は急速に落ち着きを見せました。

ビールは今シーズンを含めて2年間の契約が残っていたため、新たな契約は2021-22シーズンから始まり、2022-23シーズンはプレイヤーオプションとなっています。

そしてビールは契約延長後の記者会見で、次のように語りました。

「幸いなことに、彼らは僕をフランチャイズプレイヤーと見なしてくれている。そして、僕はそれを誇りに思っていた。そのような愛情やリスペクト、責任はどこでも得られるものではない」

26歳のビールは今シーズン平均30.5得点、6.1アシスト、4.2リバウンドを記録しており、長期離脱中のジョン・ウォールに代わってチームを牽引しています。

契約延長で見えたビールの忠誠心と、ウィザーズの誠意を考えると、ビールがトレードされることはないというバーテルスタインの主張は真っ当なものだと言えるでしょう。

blank

ウィザーズを去ることについて語ったブラッドリー・ビール「D.C.でキャリアを終える」

2020-03-07



一方、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは今年1月、チームのロスターを改善することについて「明白な」必要性があると語っていました。

そうした発言がネッツの首脳陣の動きに影響を与えているのかは分かりませんが、いずれにしても、ネッツが第3のスターを獲得しようと動いている可能性があるのは興味深い話題です。

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!