考察

シーズン再開後の各チームの展望【メンフィス・グリズリーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はメンフィス・グリズリーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • 8月2日(3日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月3日(4日):ニューオーリンズ・ペリカンズ
  • 8月5日(6日):ユタ・ジャズ
  • 8月7日(8日):オクラホマシティ・サンダー
  • 8月9日(10日):トロント・ラプターズ
  • 8月11日(12日):ボストン・セルティックス
  • 8月13日(14日):ミルウォーキー・バックス

主な離脱選手

  • ジャスティス・ウィンズロウ

注目ポイント

13勝22敗というスタートを切っていたグリズリーズは、3年連続でドラフト抽選を行うことになるだろうと思われていました。

しかし、昨年のドラフト全体2位指名選手であるジャ・モラントを筆頭に、現在では32勝33敗でウェスタン・カンファレンス8位を記録しています。

2009年のドラフトでハシーム・サビートを全体2位で指名し、それが失敗に終わってから10年――グリズリーズは再び訪れたチャンスを生かせたと言えるでしょう。

モラントは早い段階からリーダシップを発揮し、ここまで平均17.6得点、6.9アシストを記録しており、新人王の最有力候補の一人として見なされています。

今シーズンの賞レースは中断前の成績に基づくものの、モラントは自身が新人王に値するということをオーランドでも証明――つまり、チームをプレイオフに導くことを求められます。

グリズリーズはプレイオフ圏内ですが、ウェスト9~11位のポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズ、サクラメント・キングスは、いずれも3.5ゲーム差でグリズリーズを追いかけています。

シーディングゲームを終えた時にウェスト8位と同9位が4.0ゲーム差以内であった場合、プレイオフ進出を懸けたプレイイン・トーナメントが行われるため、相手にチャンスを与えないためにもグリズリーズは彼らの追撃を振り切りたいところです。

最後の5試合はプレイオフ進出を決めているチームとの対戦で、特に最後と3試合はトロント・ラプターズ、ボストン・セルティックス、ミルウォーキー・バックスと、イーストのトップ3のチームと対戦することになるため、1試合目のブレイザーズ戦、3試合目のペリカンズ戦では何としてでも勝利が求められるでしょう。

シーディングゲームを戦い抜く上でグリズリーズにとっての朗報は、ジャレン・ジャクソンJr.が100%の状態でコートに戻ってくることです。

キャリア2年目のジャクソンは、今シーズン平均16.9得点、4.7リバウンド、1.6ブロック、3ポイントシュート成功率39.7%を記録していましたが、2月下旬のロサンゼルス・レイカーズ戦で膝を捻挫していました。

シーズン中断は悪い事態だったといえど、モラントとの相性も期待されるジャクソンが回復に専念できたのは良いことだったと言えるはずです。

2017年以来のプレイオフ進出へ向け、若い選手たちがどのようにプレッシャーを跳ね除け、躍動するのか楽しみにしましょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS