考察

シーズン再開後の各チームの展望【ブルックリン・ネッツ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はブルックリン・ネッツ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):オーランド・マジック
  • 8月2日(3日):ワシントン・ウィザーズ
  • 8月4日(5日):ミルウォーキー・バックス
  • 8月5日(6日):ボストン・セルティックス
  • 8月7日(8日):サクラメント・キングス
  • 8月9日(10日):ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 8月11日(12日):オーランド・マジック
  • 8月13日(14日):ポートランド・トレイルブレイザーズ

主な離脱選手

  • カイリー・アービング
  • ケビン・デュラント
  • スペンサー・ディンウィディー
  • ディアンドレ・ジョーダン
  • トーリアン・プリンス
  • ニコラス・クラクストン
  • ウィルソン・チャンドラー

注目ポイント

オーランドで戦うチームの中で最も戦力を落としたのがネッツであることは、言うまでもないでしょう。

ケビン・デュラントとカイリー・アービングのスターデュオが怪我で出場できないことは分かっていましたが、スペンサー・ディンウィディーやディアンドレ・ジョーダン、トーリアン・プリンスといった主力やローテーションプレイヤーがシーズン再開を辞退したことは、チームにとってかなりの痛手です。

しかし、決して悲観的になる必要もありません。

チームで3番目に平均得点が高いキャリス・ルバートは、特にオフェンス面でチームを牽引するという滅多に無い機会を得ることによって、さらなるステップアップが見込める可能性があります。

ジョー・ハリスはこのオフシーズンにフリーエージェントとなり、ネッツもバード権があるとはいえキャップスペースに余裕があるわけではないため、本当に彼にお金をかけるべきか見極めることができます。

ネッツの暫定ヘッドコーチであるジャック・ヴォーンも次期ヘッドコーチを務める可能性があるため、彼の手腕を評価することもできるでしょう。

また、多くの選手がシーズン再開を辞退したことによって、その分だけ別の選手が契約を手にすることもできました。

ジャマール・クロフォードは他のチームの関心も集めるベテラン選手の一人であり、タイラー・ジョンソンは数年前からネッツが目をつけていた選手です。

シーズンの大半をGリーグで過ごしていたジャスティン・アンダーソンにとっては、NBAで自身を証明する良い機会となります。

もちろん、”競争力”という意味では他のチームにいくらか劣り、苦戦を強いられるかもしれません。

しかし、たとえプレイオフ進出を逃した場合でも、ミネソタ・ティンバーウルブズにトレードしていた今年の1巡目指名権を取り戻すことができるため、オーランドで戦う選手たちが気負うこともないでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS