考察

シーズン再開後の各チームの展望【ダラス・マーベリックス編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はダラス・マーベリックス編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月2日(3日):フェニックス・サンズ
  • 8月4日(5日):サクラメント・キングス
  • 8月6日(7日):ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 8月8日(9日):ミルウォーキー・バックス
  • 8月10日(11日):ユタ・ジャズ
  • 8月11日(12日):ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • 8月13日(14日):フェニックス・サンズ

主な離脱選手

  • ドワイト・パウエル
  • ジェイレン・ブランソン
  • コートニー・リー
  • ウィリー・コーリー・ステイン

注目ポイント

2011年の優勝以来、プレイオフの第1ラウンドを突破できていないマーベリックスですが、今年の彼らは一味違います。

数人の離脱選手は居るものの、チームの層の厚さは健在であり、ルカ・ドンチッチとクリスタプス・ポルジンギスの若きデュオの成功次第では優勝候補さえも脅かす可能性があるでしょう。

今シーズン、ドンチッチとポルジンギスは怪我によってケミストリーを深める機会をいくらか失いましたが、シーズンが中断される直前に彼らは感覚を掴みつつありました。

シーズン中断は彼らの好調に歯止めをかけたかのようにも見えますが、むしろ長期の中断期間によって彼らに十分な回復が与えられたため、ポジティブに捉えるべきです。

ドンチッチとポルジンギス以外に注目すべき選手が居るとすれば、それはティム・ハーダウェイJr.です。

今シーズンのハーダウェイは3ポイントシュート成功率でキャリア最高の40.7%を記録しており、リーグ屈指のキャッチ&シューターとして知られるようにもなりました。

重要なのは、彼の将来です。

ハーダウェイが来シーズンの約1,900万ドル(約20億円)のプレイヤーオプションを行使して残留することを選んだ場合、マーベリックスは彼に契約延長を提示するのでしょうか?

オーランドでのハーダウェイのパフォーマンスが、彼にどれだけお金をかけるべきか決めるマーベリックスの最終判断となるかもしれません。

彼らの日程にも目を向けてみましょう。

マーベリックスの日程はあまり苦ではなく、半分が勝率5割以下のチームとの対戦となっています。

マーベリックスは現時点でウェスタン・カンファレンス7位ですが、同5~6位のオクラホマシティ・サンダー、ヒューストン・ロケッツとは2.5ゲーム差と射程圏内であるため、日程を生かすことによってシードを上げられる可能性はあります。

第7シード以下ではロサンゼルス・レイカーズや、ロサンゼルス・クリッパーズと第1ラウンドで対戦することが予想されるため、マーベリックスとしては順位を上げておきたいところです。

正直に言うと、ドンチッチとポルジンギスの強力なデュオと、選手層の厚いロスターを持つマーベリックスが7位にいるのは不思議なことです。

下位シードであるからといって彼らを侮れば、対戦相手は間違いなく痛い目にあうことになるでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS