グレッグ・ポポビッチHCの去就について、スパーズCEOが言及

NBA史上最高のコーチの一人とされるサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)が来季もスパーズで指揮を執るかどうかは、リーグの大きな関心事の一つです。

最近では、ポポビッチHCが新たにブルックリン・ネッツのヘッドコーチとなるのではないか、という噂も広まりました。

しかし『CNBC』のジャバリ・ヤング記者によれば、スパーズのRC・ビュフォードCEOは、来季もポポビッチHCがチームに残るという前提で活動を進めていると語っています。

「彼が(スパーズのGMである)ブライアン(ライト)に違うことを言ったのかは分からない。だが、ポップ(ポポビッチの愛称)は、来季のチームをどうやって構築するのかということ以外に何も示していない」



現役ヘッドコーチの中で最も長く指揮を執っているポポビッチHCは、現時点では来季もスパーズのヘッドコーチを務める可能性が高いと考えられています。

しかし、ポポビッチHCは71歳の現役最高齢のヘッドコーチでもあるため、いつまでも彼が現役で居られるとは限りません。

それでもビュフォードCEOは、最終的にポポビッチHCがスパーズを去った後も、彼の影響力はチームに残り続けると語っています。

「ポップのビジョンは、彼が去った後も長く続くだろう。だからといって、彼が(スパーズを離れる)決定を下すというわけではないけどね」


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。