トピックス

クリッパーズがナゲッツに勝てなかった理由を語る選手やコーチ、中には難色を示すようなコメントも

ロサンゼルス・クリッパーズは9月15日(日本時間16日)に行われたデンバー・ナゲッツとのカンファレンス準決勝 第7戦に104-89で敗れ、シリーズ敗退となりました。

何よりも衝撃的だったのは、第4戦までに3勝1敗と王手をかけていた状況から3連敗を喫したこともそうですが、最後の3試合も二桁点差のリードを得ながら全ての試合で逆転負けを喫したということでしょう。

[kanren postid="22369"]

なぜクリッパーズがナゲッツに勝てなかったのか――その感じ方は人それぞれです。

クリッパーズのドック・リバースHC(ヘッドコーチ)は、チームのコンディショニングに焦点を当てました。

「決して楽ではなかったさ。私はコンディショニングのやり方を知っていたから、出場させられない選手も居た。それは辛いことだった」

ESPN

一方、クリッパーズのベテランであるルー・ウィリアムズは、ケミストリーの問題について指摘しました。

「僕たちが直面した問題の多くは、才能の力によって救われたと思う。だけど、ケミストリーは別だった。このシリーズでは、ケミストリーが失敗を招いてしまったんだ」

ESPN

昨年、トロント・ラプターズでファイナルMVPを受賞したカワイ・レナードも、ウィリアムズと同様にケミストリーに問題があったと感じています。

「チームのケミストリーが出てきたときに、ショットを決められなくなった。チーム全体としてもっと賢くなる必要がある」

ESPN

ただ、中には難色を示すようなコメントを残す選手も居ました。

それは、昨年の夏にクリッパーズがシャイ・ギルシャス・アレキサンダーや、ダニーロ・ガリナリ、複数の1巡目指名権や2巡目交換権といった資産を手放してまで獲得したポール・ジョージでした。

「内心では、優勝できるか否かというシーズンではなかったと常々思っていた。僕たちは、互いに時間をかけることで良くなっていくチーム。僕たちに必要なものはケミストリーだ。一緒に過ごす時間が足りなかっただけのことさ」

ESPN

優勝できるとは感じていなかった――この考えを示したのはジョージだけでした。

リバースHCや他の選手は優勝を目指していたことを認めているだけに、彼のコメントは注目に値するものがあります。

とはいえ、選手は誰よりも自分のチームのことを理解しています。

私たちがジョージのコメントに眉をひそめたとしても、彼のコメントを否定することはできないでしょう。

ジョージを含め、クリッパーズの選手たちはケミストリーに問題があったと感じており、彼らは時間をかけることでより良くなれると信じています。

であるならば、来季のクリッパーズは今季と同じ場所で立ち止まらないことを、来季も見届けるしかありません。

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS