トピックス

サンダーの指揮官を退任後、即座にビリー・ドノバンHCへ声をかけたブルズ

ビリー・ドノバンHC(ヘッドコーチ)がオクラホマシティ・サンダーの指揮官を退任してわずか2週間――彼は新たにシカゴ・ブルズの指揮官に就任しました。

今季のサンダーはサプライズチームの一つとして成功を収め、再建を大きく加速させただけに、契約最終年だったとはいえドノバンHCの退任は衝撃だったと言えるでしょう。

しかし、驚くべき点はもう一つあるようです。

ブルズの首脳陣がドノバンHCの退任をどのように思ったかは分かりませんが、少なくとも彼らの動きは非常に迅速でした。

ドノバンHCは9月8日にサンダーの指揮官を退任した後の出来事について語りました。

「OKC(サンダー)での仕事を終えた後、私は午前7時に起きて、17時間のドライブを経てフロリダの家族の下へ向かった。すると(ブルズのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるアルトゥラス・カルニショバスから)電話がかかってきて、金曜日(9月11日)に来てほしいと言われたんだ。私は”17時間のドライブをしたんだ。話すのは月曜日(9月14日)にしてくれないか?”と伝えたよ。彼とマーク・エバーズリーGM(ゼネラルマネージャー)が出席して、5時間半ほど過ごした。彼らの価値観は私にとって非常に重要なものだったよ」

Chicago Bulls

ドノバンHCが引き継いだブルズはサンダーよりも再建途中にあり、プレイオフからも離れているため、これまで以上に難しい課題を背負うことになるでしょう。

しかし、彼はチームの若い中核に期待を寄せています。

「(私が)OKCに居る頃、コービー・ホワイトは大躍進している最中だった。ラウリ(マルッカネン)はスキルと能力を兼ね備えたユニークな選手で、ザック(ラビーン)は素晴らしいオフェンス能力とショットクリエイト能力を持っている。ウェンデル(カーターJr.)も本当に良い人格の持ち主で、才能のあるビッグマンだと思う」

Chicago Bulls
関連記事
大学バスケの試合方式にビリー・ドノバンHCが言及「NBAがやっていることを取り入れるべき」

続きを見る

一方、ブルズの選手もドノバンHCの指揮下でプレイすることを楽しみにしていることでしょう。

ラビーンはゲームの配信中にドノバンHCがブルズの指揮官に就任することを知り、「良いことだ…(彼は)本当に良いコーチ」と反応していました。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS