2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

トピックス

タイラー・ヒーローを狙っていたセルティックス、ヒートに指名され”うめき声”

ボストン・セルティックスはカンファレンス決勝 第4戦で、37得点と大暴れしたマイアミ・ヒートのルーキーであるタイラー・ヒーローに苦しめられましたが、セルティックスが彼に苦い思いを経験したのはこれが初めてではありません。

1年以上前――昨年6月のドラフトで、セルティックスはヒーローの指名を狙っていたためです。

しかし、セルティックスは全体14位指名権を保持していたのに対し、ヒートは全体13位指名権を保持していたため、セルティックスは目前でヒーローを指名する希望を奪われてしまいました。

『NBC Sports』のA・シェロッド・ブレイクリー記者は、ヒートにヒーローを指名されたことがセルティックスの上層部にとってショックなことだったと綴っています。

昨年のドラフトで、マイアミ・ヒートが全体13位でタイラー・ヒーローを指名したちょうどその頃、ボストン・セルティックスの上層部の間では集団的なうめき声が聞こえた。

NBC Sports

ヒーローはカンファレンス決勝の4試合で平均20.5得点、7.5リバウンド、5.3アシスト、フィールドゴール成功率50.8%を記録しています。

今年のカンファレンス決勝で平均20得点、7リバウンド、5アシスト、フィールドゴール成功率50%以上を記録している選手が、ほかにロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズと、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチしかいないことを考えると、ここにルーキーのヒーローが並んでいるのは驚くべきことです。

もしヒートがヒーローを見逃していた場合、これまでの4試合も大きく変わっていたかもしれません。

セルティックスの上層部がヒーローを指名されたときに”うめき声”を上げたのも、無理のないことでしょう。

-トピックス
-, , ,

© 2020 NBA TOPICS