リポート

ウルブズのマリーク・ビーズリーが土曜日の夜に逮捕、翌日に釈放

ミネソタ・ティンバーウルブズのマリーク・ビーズリーがミネソタ州でマリファナの所持、盗難武器の受領および隠匿の容疑で逮捕されていたことを、『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者とジョン・クラウシンスキー記者が伝えています。

報道によれば、ビーズリーは土曜日の夜に逮捕されましたが、正式に起訴されることなく日曜日に釈放となりました。

ビーズリーの弁護士であるスティーブ・ヘイニーは、一連の出来事について次のように声明を発表しています。

「事件当時は複数の住人が居ました。マリクに対する容疑は、積極的に弁護することになるでしょう」

The Athletic

また、ウルブズは次のように声明を発表しています。

「我々はマリクが関与している状況を把握しており、現在は情報収集中です」

The Athletic

23歳のビーズリーは今年2月にデンバー・ナゲッツからウルブズへトレードされて以降、14試合(平均33.1分)で平均20.7得点、5.1リバウンド、3ポイントシュート成功率42.6%と、生産的なパフォーマンスを見せていました。

彼は今年のオフシーズンに制限付きフリーエージェントを迎えます。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS