トピックス

無敗のブラックマンバ・ジャージについて語ったレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビス

マイアミ・ヒートとのNBAファイナルを3勝1敗とリードし、優勝に王手をかけているロサンゼルス・レイカーズは、10月9日(日本時間10日)に行われる第5戦でブラックマンバ・ジャージを着用して試合に臨みます。

このブラックマンバ・ジャージは、今年1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなったNBAとレイカーズのレジェンド――コービー・ブライアントを称えるために作製された黒蛇柄のユニフォームで、これまではプレイオフの第2戦と第7戦のみで着用することが予定されていました。

レイカーズのスーパースターの一人であるレブロン・ジェームズは、優勝の懸かった第5戦でブラックマンバ・ジャージを着用することに先立って、ブラックマンバ・ジャージについて「これは単純なユニフォーム以上の意味がある」と語りました。

「これはフランチャイズに20年間の血と汗と涙を捧げ、フランチャイズを誇りに思ってもらうために、コートの内外で献身的な取り組みをした一人の男を表している」

NBA.com

ブラックマンバ・ジャージは今年のプレイオフで4回着用され、その全ての試合で勝利を収めてきました。

レイカーズのもう一人のスターであるアンソニー・デイビスは、無敗のブラックマンバ・ジャージを着用して優勝を飾るチャンスについて、次のように語っています。

「僕らのチーム、特に僕らの組織で今季起きたことを考えれば、ブラックマンバのユニフォームで締めくくることができるのは、それに見合った価値があることだと思う」

Ahn Fire Digital
関連記事
第3戦で敗れたことが「気に食わなかった」アンソニー・デイビス

続きを見る

また、ジェームズは自身4度目の優勝を果たすことができたとしても、それが自身のキャリアにおけるレガシーに何をもたらすかは考えていないと語りました。

「自分はレガシーを考えながら生きているわけではない。コートの中でやることよりも、コートの外でやることの方が自分にとっては意味があるからね」

ESPN

とはいえ、それはチームに優勝をもたらすことに意味が無いと言っているわけではありません。

ジェームズは歴史あるフランチャイズに優勝をもたらすことによって、ようやくレイカーズのファンからリスペクトを得られると感じています。

「自分がレイカーズの一員になって学んだことは、レイカーズの熱狂的なファンはこれまでの(ジェームズの)功績など気に留めないということだ。ならば、レイカーズの一員として優勝してやるしかない。そうすればリスペクトを得られる」

ESPN

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS